更新日:2020年7月22日

ここから本文です。

救急車の現場到着遅延について

救急車の現場到着遅延について

 7月20日(月曜日)、宮城野区内で発生した救急事案において、救急隊が誤って要請場所とは異なる建物に進入したことにより、傷病者との接触が約6分遅れるという事案が発生いたしました。市民の皆さまの安心安全を守るべきところ、市民の皆さまの信頼を損ねることとなりましたことを深くお詫び申し上げます。今後、改めて全救急隊員への指導及び周知徹底を図り再発防止に努めてまいります。

1 事案の概要

 7月20日(月曜日)、宮城野区内で発生した救急事案において、救急隊が誤って要請場所とは異なる建物に進入したことにより、傷病者との接触が約6分遅れたもの。

2 出場隊

 片平救急隊 ※重症事案のため、原町警防隊、高度処置救急隊(ドクターカー)が追加出場

3 経過

7月20日(月曜日)

  • 13時12分 119番入電(60代男性、会議中に倒れたもの)
  • 13時15分 片平救急隊出場
  • 13時21分 片平救急隊が現場付近に到着
  • 13時22分 原町警防隊が現場付近に到着
  • 13時25分 建物の6階居室に応答がなかったため、状況確認のため原町警防隊員1名が1階まで降りたところ、建物の誤認に気付いた。同隊員が、隣接する要請場所の屋外階段から隊員を呼んでいる関係者を発見
  • 13時27分 原町警防隊員1名が傷病者と接触し、心肺蘇生法を実施
  • 13時29分 片平救急隊が傷病者に接触し、救命処置を開始
  • 13時30分 高度処置救急隊が傷病者に接触し、医師による救命処置を開始
  • 13時42分 片平救急隊により搬送開始
  • 13時47分 医療機関に到着

7月21日(火曜日) 医師により死亡確認

4 現場到着遅延による影響

 搬送先医療機関の医師によると、現場到着の遅れと傷病者の死亡との因果関係は不明とのこと。

5 原因

 片平救急隊が現場付近に到着した際、建物名称を確認せずに誤って要請場所の隣の建物に進入したもの。

6 再発防止策

 救急現場へ出場する際は指令書や消防地図により出場先の確認を行うほか、現場到着時には建物名称や部屋番号を指令内容と間違いないか再確認することについて、臨時救急係長会議を開催し、改めて全救急隊員への指導及び周知徹底を図る。

お問い合わせ

消防局救急課

仙台市青葉区堤通雨宮町2-15

電話番号:022-234-1111

ファクス:022-234-0214