現在位置 ホーム > 宮城野区トップページ > まちづくり > イベントなど > JR仙石線の踏切跡に平板を設置しました

宮城野区

更新日:2019年1月26日

ここから本文です。

JR仙石線の踏切跡に平板を設置しました

 2000年に地下化されたJR仙石線の踏切跡に平板を設置しました。
廃止された14カ所の踏切跡のうち、仙台駅東第二土地区画整理事業の一環で2016年に7カ所が既に設置されていましたが、宮城野区では今年度の道路整備事業の一環として太田見踏切跡(五輪二丁目)と荒浜街道踏切跡(五輪一丁目)の2カ所に平板を設置しました。
写真は宮城野区内を歩き歴史の継承に取り組んでいる「宮城野原案内人の会」(宮城野区まちづくり活動助成対象団体)により平成31年1月16日に催された太田見踏切跡のお披露目の様子です。
宮城野区では踏切のあった歴史を振り返ることで未来のまちづくりに繋げようと来年度以降も残りの踏切跡全てに平板を順次設置して行く予定です。

「宮城野原案内人の会」によるお披露目の様子太田見踏切跡

お問い合わせ

宮城野区役所まちづくり推進課

仙台市宮城野区五輪2-12-35 宮城野区役所4階

電話番号:022-291-2111

ファクス:022-291-2371