更新日:2017年3月27日

ここから本文です。

4月1日から仙台市博物館を再開します

4月1日から常設展、4月21日から企画展を開催します。

空調設備の老朽化に伴う改修工事のため、平成28年12月28日(水曜日)から休館していた仙台市博物館が、4月1日(土曜日)から開館します。

4月1日(土曜日)からは常設展として「旬の常設展2017春『生誕450年―伊達政宗文書特集』ほか」をテーマに展示し、4月21日(金曜日)からは企画展「伊達な優品勢ぞろいPartII―この10年の新収蔵品―」を開催します。

どちらも仙台ゆかりの資料が数多く展示される貴重な機会ですので、ぜひご来館ください。

 再開館日時

 平成29年4月1日(土曜日)午前9時00分から

 開館時間

午前9時00分から午後4時45分まで
(入館は午後4時15分まで)

休館日:月曜日、祝日の翌日(除外日あり)

 常設展観覧料

  • 一般・大学生 460円
  • 高校生 230円
  • 小・中学生110円

※30名以上の団体

  • 一般・大学生 360円
  • 高校生 180円
  • 小・中学生 90円

※その他各種割引があります。詳しくはお問い合わせください。

旬の常設展2017春「生誕450年―伊達政宗文書特集 ほか」

「伊達政宗文書特集」コーナーでは、自筆の書状を含む伊達政宗の文書十数点を公開します。

また、政宗の曽祖父・伊達稙宗(たねむね)が制定し、伊達家の分国法として有名な「塵芥集(じんかいしゅう)[村田本・重要文化財]」や、伊達政宗ゆかりの具足、伊達家電纜会の「水玉模様陣羽織」など、当館でも人気が高い資料の数々を展示します。

  • 「重要文化財 塵芥集」の展示期間:4月1日(土曜日)から5月28日(日曜日)まで
  • 「水玉模様陣羽織」の展示期間:4月25日(火曜日)から5月14日(日曜日)まで

会期

4月1日(土曜日)から6月18日(日曜日)まで

 

企画展「伊達な優品勢ぞろいPartIIーこの10年の新収蔵品ー」

本展覧会は、平成19年に開催した企画展「伊達な優品勢ぞろい」の第2弾として、平成19年以降に新しく収蔵された絵画や書状、絵図、甲冑、陶磁器などバラエティに富んだ仙台市博物館の新たな優品の数々を紹介します。

 会期

4月21日(金曜日)から6月4日(日曜日)まで

※会期中、展示替えがあります。

  • 前期:4月21日(金曜日)から5月14日(日曜日)まで
  • 後期:5月16日(火曜日)から6月4日(日曜日) まで

 観覧料

常設展観覧料でご覧いただけます。

主な展示資料(すべて仙台市博物館蔵)

  • 仙台市指定文化財 榴ケ岡花見図屛風
  • 伊達政宗書状
  • 海国兵談(稿本) 林子平著
  • 旧仙台領絵図
  • 仙台領分名所手鑑(せんだいりょうぶんめいしょてかがみ) 伊達宗村書・狩野典信(かのうみちのぶ)筆
  • 江ノ島稚児淵眺望衝立(えのしまちごがふちちょうぼうついたて) 司馬江漢筆
  • 白糸威二枚胴具足
  • 竹菱葵紋蒔絵雛調度(たけびしあおいもんまきえひなちょうど)
  • 染付牡丹蛸唐草文らっきょう徳利(そめつけぼたんたこからくさもんらっきょうとくり)

※前期・後期あわせて約100件展示予定

 関連行事「しろ・まち講座 学芸員によるリレートーク」

 この10年に新たに収蔵された資料について、学芸員が分野ごとにお勧めの資料を紹介します。(申し込み不要・聴講無料)

  • 日時 4月29日(祝日・土曜日) 午後1時30分から午後3時00分まで
  • 会場 仙台市博物館ホール
  • 講師 当館職員
  • 定員 200名(先着)

 

企画展「伊達な優品勢ぞろいPartII―この10年の新収蔵品―」チラシ(PDF:611KB)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

教育局博物館

仙台市青葉区川内26

電話番号:022-225-2557

ファクス:022-225-2558