English

開館時間

  • 9時00分から16時45分
    (入館は16時15分まで)

休館日

  • 月曜日
    (祝日・振替休日の場合は開館)
  • 祝日・振替休日の翌日
    (土曜日・日曜日、祝日の場合は開館)

開館カレンダー

観覧料(常設展)

  • 一般・大学生 460円(団体 360円)
  • 高校生 230円(団体 180円)
  • 小・中学生 110円(団体 90円)
    ※特別展は別途

割引情報

当ホームページの著作権は、すべて仙台市博物館にあります。ホームページ上に掲載されている画像・資料などの無断転用はご遠慮ください。

現在位置ホーム > 展示のご案内 > 次回展覧会予告

更新日:2020年5月6日

ここから本文です。

次回展覧会予告

 展覧会案内  次回展覧会予告  特別展・企画展(年度別)

【企画展「仙台の美と出会うー福島家三代の書画・工芸品コレクションー」開催中止のお知らせ】

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4月24日(金曜日)から開催を予定しておりました企画展「仙台の美と出会うー福島家三代の書画・工芸品コレクションー」につきましては、開催を見送らせていただきます。

今後の予定等が決まりましたら、ホームページであらためてご案内いたします。
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

この企画展において展示する予定であった作品の一部を博物館ホームページ「おうちで楽しむ展覧会」においてご覧いただけます。

おうちで楽しむ展覧会―企画展「仙台の美と出会う」

【記念講演会等の中止のお知らせ】

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、下記の行事を中止させていただきます。

  • 【中止】4月26日(日曜日)記念講演会「仙台福島家の蒐集ー愛蔵の美術品が市民に伝えるものー」
  • 【中止】5月24日(日曜日)「しろ・まち講座:街のちいさな美術館が紡いだ刻(とき)ー地域の美術文化を遺すためにー」

ご応募いただいた方には大変申し訳ございませんが、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

【開催中止 ※開催を見送らせていただきます。】
企画展「仙台の美と出会うー福島家三代の書画・工芸品コレクションー」

会期:令和2年4月24日(金曜日)から6月7日(日曜日)まで

仙台の美と出会う(開催中止)

明治から昭和にかけて仙台の経済界で活躍した福島家が収集し、のちに福島美術館によって保存・公開されてきた約3,000点の美術工芸品等の中から優品を紹介する展覧会です。
コレクションの内容は、伊達家旧蔵の資料をはじめ、仙台四大(しだい)画家〔東東洋(あずまとうよう)、小池曲江(こいけきょっこう)、菅井梅関(すがいばいかん)、菊田伊洲(きくたいしゅう)〕や仙台藩お抱え絵師など近世の仙台藩ゆかりの画家の作品、また、福島家がパトロンとして支援した遠藤速雄(はやお)や熊耳耕年(くまがみこうねん)らに代表される近代の仙台を舞台に活躍した画家の作品、さらに茶道具・香道具といった工芸品など多岐にわたります。福島家の人々は、郷土・仙台に育まれた美と出会い、これらを愛し収集してきました。
本展覧会では、これらの質の高いコレクションを当館で30年ぶりに一堂に紹介し、あわせて福島家三代のコレクションとの関わり方や、「街のちいさな美術館」の愛称で地域に親しまれてきた福島美術館での展示活動の様子も紹介します。
福島家三代や彼らと関わった人々が出会った美に、時代を超えてみなさまも様々な形で出会い、そして楽しんでみませんか。

 

この企画展において展示する予定であった作品の一部を博物館ホームページ「おうちで楽しむ展覧会」においてご覧いただけます。

おうちで楽しむ展覧会―企画展「仙台の美と出会う」

会期

令和2年4月24日(金曜日)から6月7日(日曜日)まで

※会期中、一部展示替えがあります。

会期中の休館日

毎週月曜日(5月4日は開館)、5月7日(木曜日)

観覧料

常設展料金でご覧いただけます。
一般・大学生460円(360円)、高校生230円(180円)、小・中学生110円(90円)
※カッコ内は30名以上の団体料金
※このほか各種割引があります。詳しくはお問い合わせください。

 

四季の花図
四季の花図 熊耳耕年(くまがみ こうねん)筆 社会福祉法人 共生福祉会蔵


琵琶行図
琵琶行図 佐久間晴嶽(せいがく)筆 社会福祉法人 共生福祉会蔵

主な展示資料

伊達政宗書状(鮎貝日傾斎宛)、弁財天・牡丹図 伊達綱宗筆、鷹図 菊田栄羽筆、若衆・花魁図 忠岡三千子筆、鍾馗図(しょうきず) 東東洋筆、松上鶴図 菊田伊洲筆、十六羅漢図 菅井梅関筆、松鯉図 熊耳耕年筆、雉図 小杉放菴(ほうあん)筆、青磁鳳凰耳花入 中国龍泉窯、青貝人物文香盆 中国、切込焼 染付松図茶碗 銘「末の松山」、堤焼 鉄釉天目茶碗 底銘「仙台」、秀衡椀(ひでひらわん) 秀衡塗、香道具一式、郭子儀・唐子図 狩野古信筆、子の日遊び図 土佐光孚(みつざね)筆、富士昇龍図 佐久間晴嶽筆、朱画達磨 中林梧竹筆 ほか
※所蔵はすべて社会福祉法人 共生福祉会蔵

展示構成

序章 コレクションの成り立ち
第1章 伊達家ゆかりの品々
第2章 江戸時代の美術
第3章 明治時代以降の美術
第4章 工芸の優品
第5章 福島美術館新春吉例「めでた掛け」

猫にけし図
猫に罌粟(けし)図(部分) 遠藤速雄筆 社会福祉法人 共生福祉会蔵

秋草残月
黒楽月萩図茶碗 銘「秋草残月」三浦乾也作 社会福祉法人 共生福祉会蔵

関連イベント【中止のお知らせ】

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、下記のイベントを中止させていただきます。

1.【中止】記念講演会「仙台福島家の蒐集(しゅうしゅう)ー愛蔵の美術品が市民に伝えるものー」
  • 日時:4月26日(日曜日) 午後1時30分から午後3時まで
  • 会場:仙台市博物館ホール(定員:200名)
  • 講師:濱田直嗣氏(宮城県慶長使節船ミュージアム館長・元仙台市博物館長)

※事前申込制・聴講無料

 

2.【中止】「しろ・まち講座:街のちいさな美術館が紡いだ刻(とき)ー地域の美術文化を遺すためにー」
  • 日時:5月24日(日曜日) 午後1時30分から午後3時まで
  • 会場:仙台市博物館ホール(定員:200名)
  • 講師:尾暮まゆみ氏(元福島美術館学芸員)

※事前申込制・聴講無料

 

【講演会への申込み方法】
1・2の申込制講演会を参加ご希望の方は1名様につき1枚の往復はがきに講演会名・住所・氏名(ふりがな)・電話番号を明記し、仙台市博物館「仙台の美と出会う」係までお申込み下さい。
応募多数の場合は抽選となります。

※申込〆切(〆切当日消印有効)

1.記念講演会「仙台福島家の蒐集(しゅうしゅう)ー愛蔵の美術品が市民に伝えるものー」:4月3日(金曜日)
2.「しろ・まち講座:街のちいさな美術館が紡いだ刻(とき)ー地域の美術文化を遺すためにー」:4月28日(火曜日)

申込先住所:郵便番号980-0862 仙台市青葉区川内26 仙台市博物館「仙台の美と出会う」係
※1枚のはがきでお申し込みできるのは1つの行事・1名様までです。複数の行事の聴講・参加をご希望の方は、申込回数分の往復はがきをご用意ください。


鳥図
鷙鳥図 荒川晴海筆 社会福祉法人 共生福祉会蔵

鶴図
「杉苗や」句自画賛(部分) 遠藤曰人(あつじん)筆 社会福祉法人 共生福祉会蔵

 

ページの先頭に戻る