現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2020年度(令和2年度) > 7月 > ―「クロス・センダイ・ラボ」パートナーシップ推進事業―ドローンのプログラミングを活用した体験授業を実施します

更新日:2020年7月9日

ここから本文です。

―「クロス・センダイ・ラボ」パートナーシップ推進事業―ドローンのプログラミングを活用した体験授業を実施します

「クロス・センダイ・ラボ※」では、パートナーシップ推進事業として、行政と民間企業が連携してさまざまな課題を解決する取り組みを進めています。
このたび、ドローンの活用に取り組んでいる企業からの提案を受け、市立小学校でドローンのプログラミングを活用した体験授業を行います。
これは、今年度から小学校においてプログラミング教育が必修となったことを受けて提案されたもので、ドローン操作のプログラミングを通じて子どもたちに情報社会の将来や新しい技術がもたらす新たな事業の展開について考えを深めてもらう機会とします。

1 日時

7月16日(木曜日)13時15分~15時15分

2 場所

錦ケ丘小学校 体育館(青葉区錦ケ丘7丁目28-1)

3 対象

同校6年生児童

4 提案事業者

仙台螺子(ねじ)株式会社(青葉区一番町1丁目15-33)

5 内容

(1)ドローンについて学ぶ(機能や使い方、関連法律などについての講話、テスト飛行見学)
(2)ドローン操作体験(事前学習でのプログラムに基づく飛行テスト、ドローン操縦実践)
(3)情報社会の将来を考える(ドローン事業や業界の動向についての講話)

6 問い合わせ先

(1)体験授業について

取材を希望される場合は、7月15日(水曜日)17時までに下記担当宛てご連絡ください。
まちづくり政策局プロジェクト推進課 (電話)214-1254

(2)提案(授業)内容について

仙台螺子株式会社 ドローン課 岸 (電話)238-3501

 

※クロス・センダイ・ラボ

民間企業等からの提案を一元的に受け付ける窓口であり、次の2つの事業で構成されています。

(1)パートナーシップ推進事業
民間企業等から行政・地域課題の解決等に向けた提案を幅広く受け付け、対話を重ねながら提案の
実現に向けた支援を切れ目なく行うことで、スピーディーかつ強力に連携を推進します。
(2)近未来技術実証ワンストップセンター事業
AI、IoT、自動走行、ドローン等の近未来技術の発展を推進するため、市内で行おうとする近
未来技術の実証実験について、必要な手続きに関する相談の受け付け、関係機関や実証実験のフィー
ルドの管理者等との調整等を行い、民間企業等による実証実験の円滑な実施を支援します。

関連リンク

クロス・センダイ・ラボ

 

お問い合わせ

まちづくり政策局プロジェクト推進課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1254

ファクス:022-214-8037