現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2020年度(令和2年度) > 11月 > ―「クロス・センダイ・ラボ」パートナーシップ推進事業― ラグビー選手が小学生にオンライン出前授業を行います

更新日:2020年11月11日

ここから本文です。

―「クロス・センダイ・ラボ」パートナーシップ推進事業― ラグビー選手が小学生にオンライン出前授業を行います

「クロス・センダイ・ラボ※」では、パートナーシップ推進事業として、行政と民間企業が連携してさまざまな課題を解決する取り組みを進めています。
このたび、リコージャパン株式会社からの提案を受け、日本のトップリーグで活躍する現役ラグビー選手を講師に迎え、市内の小学校でオンライン形式によるラグビーの出前授業を行います。
ラグビーの体験や選手の講話を通じて、夢や目標を持つことや課題にチャレンジすることの大切さなどを学び、子どもたちに人間性や生き方について考えを深めてもらう機会とします。

1 日時

11月16日(月曜日) 午前9時35分~11時30分

2 場所

四郎丸小学校 体育館、特別教室(太白区四郎丸字吹上6-3)

3 対象

同校4年生児童

4 提案事業者

リコージャパン株式会社(青葉区五橋1-5-3)

5 内容

(1)株式会社リコーラグビー部(ブラックラムズ)所属の小池一宏(こいけ・かずひろ)選手、眞壁貴男(まかべ・たかお)選手、大西将史(おおにし・まさし)選手によるオンライン指導の下、ボールハンドリングやボールリレー等のラグビー体験を行います。
(2)笹川大五(ささがわ・だいご)選手による経験談等の講話を行います。
※選手はウェブ会議システムにより遠隔で参加します

6 問い合わせ先

(1)提案の内容について

リコージャパン株式会社 小柳 (電話)050-3534-1799

(2)授業の内容について

教育局総務企画部健康教育課 大槻 (電話)214-8882

 

7 取材について

(1)取材を希望される場合は、11月13日(金曜日)正午までに下記担当宛てご連絡ください。

(担当)プロジェクト推進課 佐々木 (電話)214-1254

(2)取材の際は、マスクを着用していただくとともに、発熱などの症状がある場合には取材をご遠慮ください。

 

※クロス・センダイ・ラボ

民間企業等からの提案を一元的に受け付ける窓口であり、次の2つの事業で構成されています。

(1)パートナーシップ推進事業
民間企業等から行政・地域課題の解決等に向けた提案を幅広く受け付け、対話を重ねながら提案の
実現に向けた支援を切れ目なく行うことで、スピーディーかつ強力に連携を推進します。
(2)近未来技術実証ワンストップセンター事業
AI、IoT、自動走行、ドローン等の近未来技術の発展を推進するため、市内で行おうとする近
未来技術の実証実験について、必要な手続きに関する相談の受け付け、関係機関や実証実験のフィー
ルドの管理者等との調整等を行い、民間企業等による実証実験の円滑な実施を支援します。

関連リンク

クロス・センダイ・ラボ

 

お問い合わせ

まちづくり政策局プロジェクト推進課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1254

ファクス:022-214-8037