現在位置ホーム > 事業者向け情報 > 経済・産業 > 産業振興(新事業創出・海外展開) > 成長産業の振興(産学連携・新事業創出) > 「ユーザー体験を磨き続けるサービスを支える技術力とは?―テクノロジーで業界の未来を変える6社の技術事例勉強会―」を開催します

更新日:2019年12月2日

ここから本文です。

「ユーザー体験を磨き続けるサービスを支える技術力とは?―テクノロジーで業界の未来を変える6社の技術事例勉強会―」を開催します

概要

 仙台市では、IoTやAI、VR/AR、5Gなどの先端技術とさまざまな産業との掛け合わせた「X-TECH(クロステック)」の推進により、新事業の創出やそれをリードする先端IT人材の育成によって地方創生を目指すプロジェクト「SENDAI X-TECH Innovation Project」を展開しています。

 今回は、技術者向けに、テクノロジーで業界の未来を変えるサービスを開発している企業のエンジニアが、サービス開発の技術基盤について紹介する勉強会を開催します。最先端でチャレンジしている企業は、進化したIT技術を用いて、新しいビジネスをどのように生み出しているのか、その取り組みを紹介します。

 

イベント内容

日時

令和元年12月1日(日曜日)13時00分~17時15分(開場12時30分)

会場

enspace(青葉区国分町1丁目4-9 芭蕉の辻AGOビル)

テーマ・登壇者

「FiNCアプリの継続率を支えるMLの取り組みについて」

 株式会社FiNC Technologies 代表取締役CTO 南野 充則(なんの みつのり)氏

「ソーシャルライブ配信サービスを支える技術」

 SHOWROOM株式会社 CTO 佐々木 康伸(ささき やすのぶ)氏

「Liquidの画像認識技術を支える評価基盤について」

 株式会社Liquid 取締役CTO 大岩 良行(おおいわ よしゆき)氏

「リアル店舗をスマート化するリテールAIの取り組み」

 株式会社ティー・アール・イー CEO 古賀 輝幸(こが てるゆき)氏

「スマートニュースにおけるサービス規模拡大とバックエンドシステムの変遷」

 スマートニュース株式会社 エンジニアリングマネジャー 真幡 康徳(まはた やすのり)氏

「Rettyにおけるまとめ記事作成AIの取り組み」

 Retty Innovation Lab ラボ長 樽石 将人(たるいし まさと)氏

モデレーター

 Tably株式会社 代表取締役 Technology Enabler 及川 卓也(おいかわ たくや)氏

対象者

エンジニアや本イベントに興味のある方

定員

80名

参加費

無料

主催

仙台市

詳細

TECH PLAYサイトからご確認ください(外部サイトへリンク)

 

関連資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

経済局産業振興課

仙台市青葉区国分町3-6-1表小路仮庁舎9階

電話番号:022-214-8263

ファクス:022-214-8321