現在位置ホーム > 市政情報 > 選挙 > 選挙のしくみ > 特例郵便等投票(新型コロナウイルス感染症により療養等をされている方)

更新日:2021年8月30日

ここから本文です。

特例郵便等投票(新型コロナウイルス感染症により療養等をされている方)

新型コロナウイルス感染症により療養等をされている方の郵便等による投票について

特例郵便等投票とは

新型コロナウイルス感染症で、「自宅療養」又は「宿泊療養」している方を対象に、投票用紙等の請求時点で、外出自粛要請又は隔離・停留の措置にかかる期間が、選挙期日の公示又は告示の翌日から当該選挙の当日までの期間にかかると見込まれる方が郵便等による不在者投票をすることができる制度です。

特例郵便等投票の対象となる方

下記に示す「特定患者等」に該当する選挙人で、投票用紙等の請求時において、外出自粛要請又は隔離・停留の措置に係る期間が投票をしようとする選挙の期日の公示(告示)の日の翌日から当該選挙の当日までの期間にかかると見込まれる方は、特例郵便等投票ができます。

※濃厚接触者の方は対象とはなりませんが、投票所等での投票ができます。なお、投票所におけるマスクの着用や手指の消毒などの感染拡大防止の徹底をお願いします。

特定患者等とは

(1)感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第44条の3第2項又は検疫法第14条第1項第3号の規定による外出自粛要請を受けた方

(2)検疫法第14条第1項第1号又は第2号に掲げる措置(隔離・停留の措置)により宿泊施設内に収容されている方

※在外選挙人名簿に登録されている方が、上記(1)又は(2)に該当することとなった場合も対象となります(衆議院議員又は参議院議員の選挙における投票に限定)。

お問い合わせ

市選挙管理委員会事務局選挙管理課

仙台市青葉区国分町3-7-1

電話番号:022-214-2023

ファクス:022-261-5932

選挙全般に関する問い合わせ 022-214-2023
委員会・啓発に関する問い合わせ 022-214-4445