現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2019年度(令和元年度) > 12月 > 三井住友海上火災保険株式会社より「震災遺構仙台市荒浜地区住宅基礎」への寄付金が贈呈されます

更新日:2019年12月2日

ここから本文です。

三井住友海上火災保険株式会社より「震災遺構仙台市荒浜地区住宅基礎」への寄付金が贈呈されます

このたび、三井住友海上火災保険株式会社より、「仙台ふるさと応援寄附」として本市の震災復興・メモリアル事業に対する寄付金が贈呈されます。
いただいた寄付金は、8月から公開されている「震災遺構仙台市荒浜地区住宅基礎」運営事業費として活用されます。

日時

12月6日(金曜日)11時30分から12時00分

場所

市役所本庁舎3階 特別応接室

出席者

(1)三井住友海上火災保険株式会社
執行役員東北本部長 小坂 源 氏
仙台支店長 森永 卓 氏
東北本部 上席課長 大塚 栄一 氏 ほか
(2)仙台市長

寄付金額

100万円

寄付の経緯

三井住友海上火災保険株式会社の環境保護の取り組み「Green Powerサポーター(※)」を通じて保険の契約者から寄せられた金額の一部を、震災遺構仙台市立荒浜小学校に続いて本市が整備・公開を行った2つ目の震災遺構で、8月から一般公開している「震災遺構仙台市荒浜地区住宅基礎」の運営事業費として寄付いただくものです。
同社からは、本市が東日本大震災の記憶と経験を継承するために実施する震災復興・メモリアル事業に対し、継続して寄付いただいており、平成29年度には震災遺構仙台市立荒浜小学校に、平成30年度にはせんだい3.11メモリアル交流館に寄付をいただいています。

(※)Green Powerサポーター
三井住友海上火災保険株式会社が契約者とともに環境を保護する取り組み。eco保険証券・Web約款、電子契約手続き、リサイクル部品、エコ整備・エコ車検(燃費改善整備)の取り組みの達成度に応じた金額を、地球環境保護への取り組みや東日本大震災の復興支援に役立てている。
平成21年度の制度開始以来、累計寄付金額は約2億4,650万円となり、そのうち震災の復興支援は7,518万円となっている(平成31年3月末寄付実施分)。

お問い合わせ

まちづくり政策局防災環境都市・震災復興室

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-1103

ファクス:022-214-8497