現在位置ホーム > くらしの情報 > 健康と福祉 > 障害のある方 > 支援・相談 > 支援センター > 障害者総合支援センター > 呼吸リハビリテーションは無理せず生活の中で-呼吸器疾患があっても上手に運動しましょう-

更新日:2016年10月21日

ここから本文です。

呼吸リハビリテーションは無理せず生活の中で-呼吸器疾患があっても上手に運動しましょう-

呼吸リハビリテーションは無理せず生活の中で
-呼吸器疾患があっても上手に運動しましょう-

呼吸リハビリテーションは無理せず生活の中で

慢性呼吸器疾患とは

慢性呼吸器疾患には、次のようなものがあります。

  • 慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎)
  • 気管支喘息
  • 肺線維症(間質性肺炎)
  • 肺がん
  • 気管支拡張症
  • じん肺
  • 結核後遺症

主な症状・徴候は?

  • 息切れ(呼吸困難)
  • 低酸素血症(呼吸不全)

慢性呼吸器疾患の治療

  • 禁煙
  • 薬(内服・吸入・外用)
  • 酸素療法
  • ワクチン
  • 手術療法
  • 呼吸補助器(人工呼吸器)
  • 呼吸リハビリテーション

慢性呼吸器疾患のある方が息切れの進行により動かなくなると身体に悪循環が生じます!

 身体の悪循環

身体の悪循環

  1. 呼吸器の病気
  2. 息切れ・倦怠感・苦痛
  3. 動くのが億劫になる
  4. 食欲不振
  5. 栄養不足・体重減少
  6. 身体の衰え・筋力の低下

呼吸リハビリテーションを行うと、身体や生活に良い循環をもたらします。

 身体のよい循環

身体のよい循環

  1. 身体を動かす・栄養
  2. 体調が整い、筋力強化・息切れ改善
  3. 日常生活が楽しくなる

呼吸リハビリテーションの2大柱

1 適度な運動(腹式呼吸など準備体操を先にしましょう。)

  • 息切れを上手にコントロールをしながら運動をしましょう。
  • 運動は無理のない範囲でやりましょう。
  • 仕事・家事・趣味など日常生活の活動を楽しみましょう。

2 正しい生活管理(自己管理)

  • 栄養をしっかり!免疫力を高め、風邪などに負けない身体づくりをしましょう。
  • 毎日万歩計をつけて歩いてみましょう。
  • 薬はきちんと飲みましょう。
  • 休息をしっかりとりましょう。
  • 自分にあったリフレッシュ方法を見つけましょう。

適度な運動の目安を得るために適切な指導を受けることをおすすめします。まずは、主治医の先生などに相談してみましょう。

包括的呼吸リハビリテーション事業のご紹介

障害者総合支援センターでは、呼吸器疾患のある方への支援を実施しています。

呼吸健康教室 年2回(春・秋)(仙台市障害者福祉協会主催)

栄養の話、病気の話、日常生活の話、呼吸リハビリテーションの話と実技など。

メッセージ

体調と自分の現状に合わせて、注意しながら運動をしてみましょう。息切れがしてきたら休み、おさまったらまた始めてください。運動を続けると息切れが軽くなりますし、筋力がパワーアップし、より元気に生活を楽しむことができると思います。以前から運動をしたことがない方でも、体験してみる価値が十分にあります。知らないでいることは損です。呼吸リハビリテーションを受けたい方は、このパンフレットを持参して主治医の先生に相談するか、あるいは、私どもが監修している仙台市の呼吸健康教室に参加して体験してみてください。

監修:東北大学環境安全推進センター 黒澤一 教授

呼吸器疾患支援者向け研修会

疾患特性と必要な配慮、呼吸リハビリテーションの話など。

福祉サービスのご紹介

身体障害者手帳の申請・手帳の交付について

窓口は各区役所の障害高齢課です。

  • 呼吸器機能に永続的な障害がある場合、その程度により1級、3級、4級の身体障害者手帳が交付されます。(2級はありません。)
  • 手帳の交付を受けると障害の内容により、保健、医療、在宅サービスの利用、税、公共料金の減免、割引、などの各種制度が利用できます。
  • (※)難病患者等で、上記と同等の障害に該当する場合、障害者手帳を所持していない方も制度の対象になることがあります。

日常生活用具給付事業の紹介

  • パリスオキシメーター(身障手帳呼吸器所持者等)
  • 電気式たん吸引機(身障手帳呼吸器3級以上)
  • 酸素ボンベ運搬車(在宅酸素療法を行う方)
  • ネブライザー(身障手帳呼吸器3級以上)

65歳以上で福祉サービスが必要な方は、介護保険制度の対象になります。(慢性閉塞性肺疾患の方は40歳から対象になることがあります。)
介護保険では、入浴が楽になる用具や移動が楽になる用具等もあります。

福祉サービスについてのお問い合わせ先

青葉区障害高齢課 電話 022-225-7211(代表)
宮城総合支所保健福祉課 電話 022-392-2111(代表)
宮城野区障害高齢課 電話 022-291-2111(代表)
若林区障害高齢課 電話 022-282-1111(代表)
太白区障害高齢課 電話 022-247-1111(代表)
秋保総合支所保健福祉課 電話 022-399-2111(代表)
泉区障害高齢課 電話 022-372-3111(代表)

当事者団体

東北白鳥会(福祉プラザ内) 電話 022-263-2502
※毎週水曜日が活動日です。


本ページの内容は、PDFで下記からダウンロードできます。

呼吸リハビリテーションは無理せず生活の中で(別ウィンドウが開きます)(PDF:1,545KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

健康福祉局障害者総合支援センター

仙台市泉区泉中央2-24-1

電話番号:022-771-6511

ファクス:022-371-7313