更新日:2019年4月24日

ここから本文です。

11.自助グループ・患者会:詳細~精神保健福祉ガイド はあとぺーじ

1101 心のネットワークみやぎ

心のネットワークみやぎ

代表者名

岩槻 利克

設立年月日

平成8年10月

設立目的

宮城県内の精神障害者の組織化を押し進め、自らの自立心を育成し、社会人として生活できる様、相互援助の実践に務めることを目的とする。

活動内容

  1. 仲間同志の交流と相互の援助
  2. 他団体との交流と心の健康について必要な啓発活動
  3. 年次定期大会の開催
  4. 会報「れいんぼう」の発行。年1回
  5. 定例会の開催(原則毎月第3土曜 午後1時~3時)
  6. その他、本会の目的達成に必要と思われる活動

主な活動場所

仙台市福祉プラザ

会員数

21名(相談役も含む・会費なし3名(内))

入会手続き

  • 正会員:
    宮城県に在住する精神障害者及びその団体
    年会費 個人3,000円、団体5,000円
  • 賛助会員:
    本会の目的に賛同するスタッフ並びに家族、一般社会人
    年会費 個人3,000円、団体5,000円

連絡先

〒984-0042 仙台市若林区大和町5-26-1-1006
携帯電話.090-1399-1919 ファクス.022-352-8553

メール iwatsuki@dune.ocn.ne.jp

ページの先頭へ戻る

1102 ビューティハピ・リバティバル

ビューティハピ・リバティバル

代表者名

神童 文幸

設立年月日

平成10年1月1日

設立目的

精神障害当事者たちが、主体的自立心に基づいた活動を、自ら行うこと。人として幸せを求める生き方を確かめ合って、元々あるはずの権利を取りもどし、人生を有終の美でかざる事を目指す。「何度でもよみがえる花を咲かせよう!」

活動内容

  • 老若男女分けへだてなく、仲良しになる事から始める仲間づくりにより、ひとりぼっちの当事者をなくしていく。
  • 仲間同士の助け合い。特に日常生活重視(生活互助事業のこころみ)。
  • 9月にお泊り会(合同オフ会も兼ねる)。
  • 自主的なソーシャルスキルトレーニング(SST)。
  • 当事者主体の福祉事業のこころみ。
  • 広報紙誌の発行、その他の言論・広報活動(インターネットも活用)。
  • 組織化にとらわれない幅広い仲間との交流。
  • 市民活動への参入。
  • 人権回復活動。
  • 地域にとらわれない仲間との交流。
  • ネットサークルの活用。
  • 自分たちが主体となって、自分たちらしさを追求する芸術文学をはじめ、アニメカルチャーその他の幅広い趣味に及ぶ、さまざまな文化活動。
  • その他、仲間にとって有益と思われる活動。

主な活動場所

みやぎNPOプラザ、宮城野障害者福祉センター、宮城県障害者福祉センター、仙台市福祉プラザ、仙台市柏木市民センター

会員数

7名

入会手続き

当事者も健常者(家族・スタッフ・学生・ボランティア・一般市民などの手助け役)も、入会を希望する人は、年会費を納入。

年会費は、当事者個人は2,000円、当事者団体は4,000円とする。

健常者個人は4,000円、健常者団体は8,000円とする。

メールマガジンの無料会員は無料で、有料会員は1,500円とする。

連絡先

ショートメール.080-3144-7876 ファクス.211-1744
〒983-0851 仙台市宮城野区榴ヶ岡5 みやぎNPOプラザ レターケース番号14

ページの先頭へ戻る

 

参加等を希望する方へ

活動への参加、活動内容などに関するお問い合わせは、各活動団体の連絡先までご連絡をお願いいたします。

 

 

 

 

 

参加等を希望する方は、上記参加等を希望する方へをご覧ください。

(以下のお問い合わせは、このページに係る記載内容についてお知りになりたい場合にご利用ください)

お問い合わせ

健康福祉局障害者支援課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8165

ファクス:022-223-3573