現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2016年度(平成28年度) > 1月 > 障害福祉サービス事業者の指定の取消しについて

更新日:2017年1月31日

ここから本文です。

障害福祉サービス事業者の指定の取消しについて

障害福祉サービス事業者の指定の取消しについて

 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)第50条第1項第5号および第10号の規定に基づき、事業者の行政処分(指定の取消し)を行い、本日、当該処分を通知しました。

 

1 対象事業者

(1)法人名    特定非営利活動法人マイホームとしくん家(ち)
(2)代表者    理事長 清水 公子(しみず・きみこ)
(3)法人所在地  青葉区小松島新堤5番31号
(4)対象事業所

名 称

としくん家

所在地

仙台市青葉区小松島新堤5番31号

サービスの種類

居宅介護※1、重度訪問介護※2、同行援護※3

指定年月日

居宅介護、重度訪問介護:平成20年8月1日
同行援護:平成23年11月1日

 

2 内容

   障害福祉サービス(居宅介護、重度訪問介護、同行援護)事業者の指定の取消し

3 処分日

   平成29年1月31日(火曜日)

4 効力発生日

   平成29年3月1日(水曜日)

5 処分理由

(1)障害者総合支援法第50条第1項第5号に該当

 1.身体介護において、サービスの提供時間を偽り、実際に支援した時間よりも長い時間の支援を行ったとして、居宅介護サービス費を不正に請求した。

 2.身体介護において、提供したサービスの開始時刻を偽り、加算が算定される夜間の時間帯にサービスを開始したとして、居宅介護サービス費を不正に請求した。

 3.通院等介助において、サービスの提供時間を偽り、実際に支援した時間よりも長い時間の支援を行ったとして、居宅介護サービス費を不正に請求した。

(2)障害者総合支援法第50条第1項第10号に該当
上記の不正な請求を行うために、虚偽のサービス提供記録等を作成していた。

6 不正受給金額

  22,903,500円(平成24年2月~平成28年11月支払分)

7 今後の対応

(1)利用者への対応

 利用者が継続してサービスを利用できるように、取消し前までに他の居宅介護事業所等へ引き継ぐよう、当該事業者へ指導する。

(2)事業者への対応

 当該事業者に対する不正受給額の確定作業を進め、確定した不正受給額に加算金として100分の40を乗じて得た額を加えて徴収する。

 

※1 居宅介護
在宅の障害者に対して、食事介護、入浴、排せつ等の身体介護および調理、掃除、洗濯等の家事援助ならびに通院等の介助を行うサービス

※2 重度訪問介護
常時介護を必要とする在宅の重度障害者に対して、食事介護、入浴、排せつ等の身体介護および調理、掃除、洗濯等の家事援助ならびに外出時の移動介護等を総合的に行うサービス

※3 同行援護
外出時の移動に著しい困難のある視覚障害者に対して、外出時に必要な情報提供および援護を行うサービス

障害者総合支援法(抜粋)

(指定の取消し等)

第50条 都道府県知事は、次の各号のいずれかに該当する場合においては、当該指定障害福祉サービス事業者に係る第29条第1項の指定を取り消し、又は期間を定めてその指定の全部若しくは一部の効力を停止することができる。

一から四 略

五 介護給付費若しくは訓練等給付費又は療養介護医療費の請求に関し不正があったとき。

六から九 略

十 前各号に掲げる場合のほか、指定障害福祉サービス事業者が、障害福祉サービスに関し不正又は著しく不当な行為をしたとき。

 

お問い合わせ

健康福祉局障害者支援課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-6141

ファクス:022-223-3573