現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2018年度(平成30年度) > 6月 > 大阪北部を震源とする地震に伴うブロック塀等に関する仙台市立学校等の対応状況について

更新日:2018年6月26日

ここから本文です。

大阪北部を震源とする地震に伴うブロック塀等に関する仙台市立学校等の対応状況について

本市では昭和53年に発生した宮城県沖地震を踏まえ、昭和54年度から危険なブロック塀等を除却するための補助制度を創設するとともに、市内において公道に面したブロック塀等の調査を行い、危険なブロック塀等については所有者へ除却等を行うよう働きかけを行ってきました。
市では毎年、把握している危険なブロック塀等(平成29年度末現在24カ所)の現地確認と所有者へ除却等の働きかけを行っておりますが、6月18日に発生した大阪府北部の地震により小学校のブロック塀が倒れ児童が亡くなるという事案が発生したことを受け、市立学校等において下記の対応を行っています。
今後、調査等により危険と思われる箇所が確認された場合は速やかに安全確保に向けた対策を講じていきます。

 

1 安全確認等の通知の発出

発災を受け緊急に市立学校等に対し安全確認の通知を発出しました。

日時

6月18日(発災当日)

発出先 

市立学校および幼稚園 全190校・園

概要  

各学校において校内や学校周辺の安全確認の実施を求めるもの(下記3項目)

1.地震発生時に破損や落下の可能性のある学校施設の有無や、学校敷地内の塀や柵、擁壁等に倒壊の危険性がないか確認すること

2.通学路を含む校地周辺において、危険と思われる塀や柵、がけ崩れの可能性のある場所等を確認すること

3.児童生徒に対し、地震時の危険が予想される場所や危険回避の仕方についての指導を行うこと

 

2 技術職職員による学校敷地内の全校点検

1の通知に基づく確認において、学校側から敷地内にあるブロック塀等の安全性に疑問があると報告されたケースがあったことから、教育委員会の技術職職員が全校・園を回り、これらの安全確認を行うこととしました。

期間

6月25日~(概ね3週間程度の見込み)

対象

市立学校および幼稚園 全190校・園

概要  

学校等におけるブロック塀等について目視や計測などにより安全性の確認を行うもの

調査結果  

調査結果がまとまり次第、公表予定

 

3 通学路の点検

1の通知に基づき、改めて各学校・幼稚園の教職員が通学路の安全確認を実施しました。

期間

6月18日~22日

対象  

市立学校および幼稚園 全190校・園

概要  

通学路および学校・園の周辺において、危険と思われるブロック塀等の調査

調査後の対応

安全性に不安を感じた箇所については、各学校が具体的な場所や状況がわかる写真などを教育委員会に報告。教育委員会から都市整備局の技術部署に情報提供し、危険性のあるものについては、都市整備局と各区役所の担当部署が連携のうえ、報告された箇所の現地調査を実施し、所有者に注意喚起や除却の要望等を行っていきます。

お問い合わせ

教育局学校施設課

仙台市青葉区上杉1-5-12 上杉分庁舎14階

電話番号:022-214-8863

教育局学事課

仙台市青葉区上杉1-5-12 上杉分庁舎11階

電話番号:022-214-8859