現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2019年度(令和元年度) > 10月 > 台風第19号の被災者を対象とした市営住宅への一時受け入れについて

更新日:2019年10月17日

ここから本文です。

台風第19号の被災者を対象とした市営住宅への一時受け入れについて

台風第19号の被災者を対象とした市営住宅への一時受け入れについて

 本市では、令和元年台風第19号により被災した方々への支援の一環として、住居(持ち家、賃貸を問わず)が半壊以上の被害を受けた方々を対象とした市営住宅への一時受け入れを下記のとおり実施します。

1 概要

  • 対象者  令和元年台風第19号により床上浸水などの被害を受け、その被害に関する罹災判定が「半壊」以上の世帯
  • 使用期間    原則3か月まで(最長6か月まで)
  • 入居中の家賃  使用期間中は減免  ※共益費等は負担していただきます
  • 一時提供が可能な住戸  単身向け6戸、家族向け27戸の合計33戸 (今後増える可能性があります)
一時提供が可能な住戸

所在区

対象団地

青葉区

小松島、上原、川平、霊屋下第二

宮城野区

燕沢、燕沢東、幸町、高砂(西)、小鶴、鶴ケ谷第一、福田町第一、福田町第二

若林区

荒井第二

太白区

あすと長町第二、芦の口、郡山、太白、四郎丸、四郎丸東、袋原、茂庭第一

泉区

泉中央南

2 一時受け入れの受け付け

  1. 日時  10月21日(月曜日)・22日(火曜日・祝日) 両日とも13時~16時 ※受け付けは先着順です
  2. 場所  市役所 国分町分庁舎 1階第一会議室(青葉区国分町3丁目10-10)
  3. 必要書類  (1)運転免許証、健康保険証などの本人が確認できるもの (2)罹災届出証明書  ※後日、罹災証明書の提出が必要です
  4. その他  本事業に関する問い合わせおよび10月23日以降の受け付けは、市営住宅管理課までお願いします。
 

お問い合わせ

都市整備局市営住宅管理課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎7階

電話番号:022-214-8331

ファクス:022-268-2963