八木山動物公園フジサキの杜 窓口 電話:022-229-0631

現在位置 ホーム > 仙台市八木山動物公園のマダガスカル関連事業について

八木山動物公園フジサキの杜 案内窓口 電話:022-229-0631

更新日:2021年9月29日

ここから本文です。

仙台市八木山動物公園のマダガスカル関連事業について

当園のマダガスカル関連事業について1

当園職員の研修会の後で現地の動物園で飼育員たちと

 

動物園は、動物を見て楽しむ施設として利用される方が多いですが、野生動物の現状や人とのかかわりなどについての環境教育、動物たちを計画的に繁殖させて命をつないでいく種の保存、飼育動物の生態などについての調査・研究という、全部で4つの社会的役割がある、博物館相当施設です。

仙台市八木山動物公園は、マダガスカル共和国にあるチンバザザ動植物公園(Parc Botanique et Zoologique de Tsimbazaza、以下「チンバザザ動物園」)と平成19年から友好関係を築き、協力協定を締結して、保全やそのための教育、両園の発展のために協力していくことを約束しています。

ここでは、マダガスカルの自然や人の暮らし、当園とチンバザザ動物園のこれまでの取り組みを紹介していきます。

1 マダガスカルはどんなところ?

当園のマダガスカル関連事業について2

世界の中のマダガスカル


マダガスカルは、アフリカ南東部にある島国です。
広さは日本の国土の1.6倍の587,295キロ平方メートルあり、グリーンランド島、ニューギニア島、ボルネオ島に次いで世界で4番目の大きさです。
日本同様、まわりを海に囲まれた島国では独自の進化を遂げた動植物が多く生息しています。

当園のマダガスカル関連事業について3

バオバブ並木と少女たち

魅力的な動物や植物とともに暮らすマダガスカルの人びとの暮らしをのぞいてみましょう。
以下の各項目をクリックすると記事が別画面で開きます。

2 これまでの取り組み

当園と宮城教育大学は、平成19年9月に環境教育に関する連携協定を締結しています。その一環で、これまでに2回、協働でJICA草の根技術協力事業に取り組みました。
⇒ JICA草の根技術協力事業とは?(外部サイトへリンク)(別画面が開きます)

平成20年から平成22年「自然環境保全にかかる環境教育実践プログラム研修」

当園のマダガスカル関連事業について4

小学校でのアイアイ紙芝居の実演

チンバザザ動物園において、環境教育の実施体制整備と環境教育のリーダー育成、教材の製作を行ないました。

その概要については下記のページで紹介しています。

平成29年から令和元年「動物園を拠点とする生物多様性保全のためのESDプロジェクト」

当園のマダガスカル関連事業について5

チンバザザ動物園での学習プログラム実践

チンバザザ動植物公園が、ESD(Education for Sustainable Development)の拠点として同国でリーダーシップを果たせるようになるために、動物展示・教材や教育プログラムのESD化と利用ガイド冊子の製作、域内保全区での社会教育及び学校教育への貢献、そして今後10年間のESDアクションプランの策定を行ないました。その概要については下記のページをご覧ください。

3 持続可能な発展を目指して--環境教育・ESD

マダガスカルで暮らす多くの人が農業によって生計をたてていますが、現金収入はわずかです。
村落部では、ガスや電気のない暮らしをしている人が多く、日々の煮炊きなどに薪を使い、生活の様々な場面で木材を利用しています。
また人口が増加傾向にあり、家や畑を作るために森を切り開くことも増えています。
このような理由から森林破壊が進行しており、表土の流出によって田んぼの埋没や堰き止められた川や沼などが干上がる事例も見られています。

当園のマダガスカル関連事業について6

このように、マダガスカルでは、日々の生活に精一杯の人たちが、生きていくために必要で森林資源を利用し、結果的に森林が減少しています。
この人たちの生活の改善なくして「木を切るな」と外国の私たちが押し付けることはできません。
しかし、森林破壊が進む今の状況を放置してしまうと、希少な野生動物の生息地が失われるだけでなく、土壌の流出により災害が発生するなど、ますます将来世代の暮らしが危ぶまれることになってしまいます。

環境教育とESDの教材

ESD(Education for Sustainable Development)とは、「一人ひとりが、世界の人々や将来世代、また環境との関係性の中で生きていることを認識し、持続可能な社会の実現に向けて行動を変革するための教育」です。

これまで、チンバザザ動物園では環境教育に取り組み教材を作ってきましたが、知識伝達型のスタイルから、学習者が主体となり「自ら考えて行動する力」を育てるスタイルの教育活動へ改良しています。

下記のリンクでは、その教材の中から5つを紹介しています。

お問い合わせ

仙台市建設局 八木山動物公園 飼育展示課
仙台市太白区八木山本町1-43
電話番号:022-229-0122
ファクス:022-229-3159