八木山動物公園窓口 電話:022-229-0631

現在位置 ホーム > 総合案内 > 平成31年度~令和元年度 > スマトラトラの赤ちゃんが誕生しました

八木山動物公園案内窓口 電話:022-229-0631

更新日:2019年11月6日

ここから本文です。

スマトラトラの赤ちゃんが誕生しました

生後10日目のスマトラトラの赤ちゃん生後8日目 スマトラトラ赤ちゃん授乳中

10月8日に生まれたスマトラトラの赤ちゃん
(左:10月18日撮影、右:10月16日撮影

 

八木山動物公園では、平成14年から絶滅危惧種であるスマトラトラの飼育・繁殖に取り組んできましたが、
令和元年10月8日(火曜日)、ケアヒ(オス)とバユ(メス)の間に、スマトラトラの赤ちゃん1頭が誕生しました。
出産後、自然環境下での子育てがうまくいかず、赤ちゃんは現在、飼育員が人工哺育を行っています。
このため、しばらくの間、赤ちゃんは非公開となりますが、
ビジターセンターにて赤ちゃんの動画を公開しておりますので、ぜひ、ご覧ください。

 

スマトラトラの赤ちゃんについて

1. 生まれた赤ちゃんについて

生年月日 令和元年10月8日
性別 不明
体重 920g(10月13日現在)

生後5日目のスマトラトラの赤ちゃん

 

2. 両親について

〈父 ケアヒ〉
生年月日 平成20年9月15日 ホノルル動物園(アメリカ)生まれ
性別 オス 
経緯 平成23年4月にホノルル動物園より当園に来園、平成26年5月に当園より東京都恩賜上野動物園に移動、平成30年11月12日に東京都恩賜上野動物園より再度来園

〈母 バユ〉
生年月日 平成18年9月14日 チェシントン動物園(イギリス)生まれ
性別 メス
来園日 平成23年6月17日、バーガーズ動物園(オランダ)より来園
繁殖について 平成24年、25年にケアヒとの間に2回の繁殖経験あり

 

一般公開について

赤ちゃんの体調と生育状況に配慮しながら人工哺育を行っているため、一般公開の時期は未定です。
日程など詳細は、公開が決定次第、改めてお知らせします。
10月末頃よりビジターセンターにて、飼育員が撮影した赤ちゃんの映像を公開する予定です。
なお、母親のバユについては、現在、通常通り公開しています。

 

国内におけるスマトラトラ飼育状況

国内の施設において、9施設16頭(2018年12月末時点、公益社団法人日本動物園水族館協会加盟園館)が飼育されています。今回のスマトラトラの繁殖は、当園においては2013年以来6年ぶりです。

 

【参考】スマトラトラについて

和名:スマトラトラ
学名:Panthera tigris sumatrae
英名:Sumatran Tiger

≪IUCN(国際自然保護連合)レッドリスト:CR(近絶滅亜種)≫ [ワシントン条約附属書I表]
分類:食肉目ネコ科
全長:2.2~2.4m
体重:90~120kg
分布:インドネシアのスマトラ島
生態:体色は黄土色の地に黒い模様がある。トラは9つの亜種に分けられ、スマトラトラは体が小さく、他の亜種より縞の量が多く明瞭。肉食性で、シカやイノシシなどを捕食。森林内に単独で広大な縄張りを作って生活。

お問い合わせ

建設局 八木山動物公園 飼育展示課
仙台市太白区八木山本町1-43
電話番号:022-229-0122 ファクス:022-229-3159