八木山動物公園フジサキの杜 窓口 電話:022-229-0631

現在位置 ホーム > 総合案内 > 令和3年度 > 「世界サイの日」イベントを開催します

八木山動物公園フジサキの杜 案内窓口 電話:022-229-0631

更新日:2021年9月18日

ここから本文です。

「世界サイの日」イベントを開催します

R03_世界サイの日イベント

9月22日は『世界サイの日(WORLD RHINO DAY)』。世界各地の動物園などが、絶滅の危機にあるサイの現状を伝えるためにさまざまな行事を開催しています。
八木山動物公園フジサキの杜では、その生態や野生のサイの状況などについて一人でも多くの方に知ってもらえるよう、飼育しているクロサイを観察しながら、飼育員がわかりやすくお話をします。
さあ一緒に、サイのこと、学んでみましょう!

 

【世界サイの日(WORLD RHINO DAY)】
世界自然保護基金(WWF)南アフリカによって2010年に提唱。世界中でサイ類を飼育する動物園が、角を標的にした密猟や、生息地の消失などで危機にさらされているサイたちの現状を訴える日となっている。

開催日時と場所

日時 令和3年9月23日(木曜日・祝日)午後1時30分から

場所 クロサイおよびカバ屋外展示場前

参加方法

事前申込不要、直接会場へ

※入園料が必要です。
※天候や動物の体調などにより、内容を変更したり中止とする場合があります。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を講じたうえでの開催となりますので、ご協力をお願いいたします。

「動物の日スタンプラリー 2021-2022」対象イベントです

スタンプラリーカードを既にお持ちの方は、当日会場にご持参ください。
スタンプラリーに初めて参加の方には、当日会場でスタンプラリーカードを配布します。
今年度合計8回開催予定の「動物の日」イベントに参加してスタンプを集め、3個スタンプが集まると景品がもらえます。
詳細は以下のページをご参照ください。

「動物の日スタンプラリー 2021-2022」が始まります(別画面が開きます)

【参考】サイについて

世界には5種(アジアに3種、アフリカに2種)のサイが現存し、当園ではオス1頭とメス2頭のヒガシクロサイを飼育しています。

和名:ヒガシクロサイ
学名:Diceros bicornis michaeli
英名:Eastern black rhinoceros
分類:奇蹄目サイ科
分布:アンゴラ、ケニア、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、タンザニア、ジンバブエに自然分布 ボツワナ、マラウィ、スワジランド、ザンビアに再導入
全長:頭胴長280~300cm
体重:体重350~1,350kg
生態・特徴:毛からできている2本の角が生え、口先はとがって上唇はよく動く。四肢には3本の蹄があり、丈夫で厚い皮膚をもつ。ブッシュをすみかとし、主に木の葉を食べる。

お問い合わせ

建設局 八木山動物公園 飼育展示課
仙台市太白区八木山本町1丁目43
電話:022-229-0122
ファクシミリ:022-229-3159