更新日:2018年5月16日

ここから本文です。

介護保険の保険料

第1号被保険者と第2号被保険者では,保険料の算出方法も納付方法も異なります。

第1号被保険者(65歳以上の方)の保険料

第1号被保険者の保険料の基準額は,高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画を基に設定します。被保険者一人ひとりの方の保険料額は所得などに応じて段階が決められ,介護保険の保険者である〈仙台市〉に納めていただきます。

平成30年度から平成32年度までの保険料

段階ごとの詳細と保険料

区分

段階

対象となる方

基準額に対する割合

年額

保険料(円)

基準額より

軽減される方

1 生活保護を受けている方

0.45

(※4)

31,800

同じ世帯の方全員が市町村民税非課税で,本人が老齢福祉年金を受給している方
2

同じ世帯の方全員が市町村民税非課税 本人の前年の「課税年金収入額(※2)」と年金以外の「合計所得金額(※3)」の合計額が 80万円以下の方

0.45

(※4)

31,800

3 80万円を超え,120万円以下の方

0.65

45,900

4 120万円を超える方

0.75

53,000

5 同じ世帯に市町村民税課税の方がいる 80万円以下の方

0.85

60,100

基準額(※1)の方 6 80万円を超える方

1.00

70,700

基準額より

増額される方

7 本人が市町村民税課税で 本人の前年の「合計所得金額(※3)」が 125万円未満の方

1.10

77,700

8 125万円以上200万円未満の方

1.25

88,300

9 200万円以上300万円未満の方

1.50

106,000

10 300万円以上500万円未満の方

1.70

120,200

11 500万円以上700万円未満の方

1.90

134,300

12 700万円以上1,000万円未満の方

2.10

148,500

13 1,000万円以上の方  2.30  162,600

※1 基準額は,3年ごとに見直ししています。

(参考)平成27年度から平成29年度までの保険料はこちら

※2 「課税年金収入額」とは,税法上の課税対象となる年金(障害年金,遺族年金などの非課税年金は除く)で,公的年金等控除額を差し引く前の金額をいいます。

※3 介護保険料の決定に用いる「合計所得金額」とは,「給与」「年金」「事業」などの収入額からそれぞれ必要経費(給与の場合は給与所得控除額,公的年金の場合は公的年金等控除額)を差し引いた金額と,土地建物等の譲渡所得(特別控除後)などの分離課税所得の合計で,「基礎控除」「配偶者控除」「社会保険料控除」「医療費控除」などの所得控除前の金額です。(税法上の合計所得金額とは異なります。)なお,合計所得金額がマイナスの場合は0円となります。

※4 公費により0.5→0.45に軽減しています。

※ 世帯員の状況は,保険料の算定基準日となる年度初日(4月1日)のものになります。4月2日以降に他市町村から転入した場合や,65歳に到達したことによって第1号被保険者の資格を取得した場合には,資格取得日現在の世帯員の状況となります。

保険料の納め方

納付方法の詳細

納め方

対象者となる方

納付方法

特別徴収

老齢・退職・遺族・障害年金の受給額が年額18万円以上の方(※)

年に6回(偶数月)支給される年金から,介護保険料があらかじめ差し引かれます。

普通徴収

特別徴収に該当しない方
(上記以外の方)

納入通知書等で納めていただきます。納入通知書は毎年6月にお送りしますので,6月から翌年3月までの10回に分けて納めていただきます。

年度の途中で65歳になられた方は,その年度内は普通徴収になります。65歳になられた日(誕生日の前日)が含まれる月の翌月(ただし,4月に65歳になられた方については,6月)中旬にお送りする納入通知書で納めてください。
(※)特別徴収に切り替わる際はあらためてご案内を送付しますので,それまでは納入通知書または口座振替で納めてください。
口座振替で納めている場合でも,年額18万円以上の年金を受給している方は特別徴収に切り替わります。

介護保険の保険料を納付書で納めている〈普通徴収〉の方は,「口座振替」が便利です

介護保険料では,これまでの書面による口座振替申込に加え,キャッシュカードを使って簡単に口座振替の申し込みができる「Pay-easy(ペイジー)口座振替受付サービス」を下記の場所で利用できます。納めに行く手間が省け,安心かつ確実に納付ができる口座振替をぜひご利用ください!

なお,口座振替で納められた保険料額の明細は,1月下旬に前年分をまとめてお知らせします。

Pay-easy(ペイジー)口座振替受付サービスによるお申し込み

ペイジーマーク

★取扱い金融機関は・・・

  • 七十七銀行
  • 仙台銀行
  • 杜の都信用金庫
  • ゆうちょ銀行(郵便局)

上記金融機関の窓口では申し込みできません。申し込み場所は下記になります。

★振替の開始時期は・・・

申し込み日の翌月以降の納期末日(土・日・祝日の時は翌営業日)から口座振替を開始します。

★申し込み場所は・・・

  • 各区役所障害高齢課
  • 各総合支所保健福祉課

★ご用意いただくものは・・・

  • 対象金融機関のキャッシュカード(ご来庁される方ご本人の口座に限ります。)
  • 介護保険被保険者番号が分かるもの(保険証,保険料の納入通知書,領収証等)

★手続きの流れは・・・

  1. 申込書の記入
  2. 端末操作専用端末にキャッシュカードを通した後,キャッシュカードの暗証番号(4桁)を入力します。
  3. 登録完了金融機関との通信完了後,登録内容を確認していただき,レシートにお名前等を記入し,手続きは完了です。

★注意事項・・・

  • 通帳届出印を使うこれまでの申請方法も引き続き行っています。
  • 代理人カード,貯蓄預金やカードローンのカード,クレジットカードは使用できません。

書面によるお申し込み

★取扱金融機関は…

仙台市指定金融機関等(※)で利用できます。
※納入通知書でご確認ください。

★口座振替の開始時期は…

毎月20日までに申し込みをした場合,翌月以降の納期から振替を開始します。20日が土・日・祝日の場合はその前日が申込の期限となります。

《口座振替開始時期早見表(平成30年度)》

開始時期

振替日

申込日

第1期分から

平成30年7月2日

平成30年5月20日まで

第2期分から

平成30年7月31日

平成30年6月20日まで

第3期分から

平成30年8月31日

平成30年7月20日まで

第4期分から

平成30年10月1日

平成30年8月20日まで

第5期分から

平成30年10月31日

平成30年9月20日まで

第6期分から

平成30年11月30日

平成30年10月20日まで

第7期分から

平成31年1月4日

平成30年11月20日まで

第8期分から

平成31年1月31日

平成30年12月20日まで

第9期分から

平成31年2月28日

平成31年1月20日まで

第10期分から

平成31年4月1日

平成31年2月20日まで

★申込方法は…

区役所,金融機関に備え付けの口座振替依頼書に必要事項をご記入のうえ,金融機関に提出してください。
【お申し込みの際に必要なもの】

  • 介護保険料の納入通知書
  • 預貯金通帳
  • 通帳のお届印及び申込者の印鑑

※市外の金融機関で申し込む場合は,各区役所障害高齢課介護保険係にご連絡ください。(市外の金融機関には口座振替依頼書がありません。)

第2号被保険者(40歳から64歳の方)の保険料

第2号被保険者の保険料は,加入している医療保険(国民健康保険や職場の健康保険など)で料率等が設定され,医療保険の保険料と併せて納めていただきます。加入している医療保険の種類によって,保険料の算出方法も額も異なりますので,詳しくは加入している医療保険の保険者におたずねください。

相談窓口

問い合わせ先・電話番号

部署名

電話番号

青葉区役所

障害高齢課介護保険係

022-225-7211(代)

宮城総合支所

保健福祉課障害高齢係

022-392-2111(代)

宮城野区役所

障害高齢課介護保険係

022-291-2111(代)

若林区役所

障害高齢課介護保険係

022-282-1111(代)

太白区役所

障害高齢課介護保険係

022-247-1111(代)

秋保総合支所

保健福祉課福祉係

022-399-2111(代)

泉区役所

障害高齢課介護保険係

022-372-3111(代)

お問い合わせ

健康福祉局介護保険課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-5225

ファクス:022-214-4443