更新日:2017年3月9日

ここから本文です。

利用上の注意(仙台市宅地造成履歴等情報マップ)

マップ利用上の注意

マップ全体について

  • マップは、宅地の造成履歴を証明するものではありません。参考図としてご利用ください。
  • マップは、仙台市が保有する既存の資料を整理して作成したもので、実際の状況とは異なる場合があります。
  • マップは、地図の精度上及びデータ作成上の誤差(高さ方向、水平方向)を含んでいます。
  • 現在の地形図の作成には、国土地理院が2008年に作成した基盤地図情報(数値標高モデル)5mメッシュ(標高)および開発許可時の資料等を利用しています。
  • 旧地形図の作成には、1958~1968年に作成された都市計画図および1947~1948年に撮影された米軍空中写真を利用しています。
  • マップの背景には、仙台市の都市計画図(1/10000)【2007年】を利用しています。
  • マップは、2013年3月に作成しました。
  • マップは、A3で印刷したときに1/10000となるように作成しています。

切土・盛土図について

  • 切土・盛土は、現在の地形図と旧地形図を重ね合わせて、それぞれの標高値を比較して得られた差分(標高差)を着色して示しています。「切土・盛土図」は、この標高差を段階的にあらわしたものなので、いわゆるハザードマップ(※)ではございません。
    ※ハザードマップとは、自然現象(地震、洪水、津波など)に起因して危険が予想される区域を示した地図です。

造成年代図について

  • 造成開始年代は、仙台市の開発登録簿における許可年、土地区画整理事業の施行開始年を表しています。また、造成開始年代(参考)は民間の資料を参考に整理したものです。
  • 盛土は、現在の地形図の標高値が旧地形図の標高値より1m以上高い範囲を示しています。

土砂災害危険箇所図

  • 危険箇所は宮城県のデータ(平成25年4月現在)を記載しています。現在、造成されて地形が変わっていても、そのまま記載されているところがあります。
  • 盛土は、現在の地形図の標高値が旧地形図の標高値より1m以上高い範囲を示しています。

旧地形図について

  • 作成に利用した図面のゆがみ等により、実際の位置とずれていることがあります。

マップを利用する

ダウンロードページ

事業者の方やA1判を利用される方に向けて、マップをダウンロードできる専用ページを作りましたのでご利用ください。

お問い合わせ

都市整備局開発調整課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4 階

電話番号:022-214-8343

ファクス:022-211-1918