現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 過去の市長記者会見 > 市長記者会見 2012年度(平成24年度) > 3月 > 「東日本大震災 仙台市 震災記録誌-発災から1年間の活動記録-」を発刊します(発表内容)

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

「東日本大震災 仙台市 震災記録誌-発災から1年間の活動記録-」を発刊します(発表内容)

このたび、東日本大震災の発生から1年間にわたる仙台市の応急活動や生活復旧の取り組みなどをとりまとめた「仙台市震災記録誌」を発刊しましたので、お知らせいたします。

印刷物とDVDでの作製のほか、仙台市のホームページでご覧いただくことができます。

この記録誌は、私たちが今回の震災で得た貴重な経験や教訓を次世代へ継承するとともに、全国の行政機関の方々などに紹介することにより、防災対策の向上や防災文化の発展の一助としていただくことを目的とするものでございます。

「第1部 総論」から「第5部 生活復興編」まで、全体で5部、約800ページにおよぶものです。行政機関としての仙台市の復旧・復興活動を時系列で整理し、網羅的に記載をしております。

地域の皆さまに支えられた避難所運営や、応急仮設住宅の提供、ライフラインの復旧、膨大な震災がれきの処理、帰宅困難の方々への対応など、多くの課題につきまして、さまざまな試行錯誤の過程や問題点にも言及しながら、可能な限り数値データ等も盛り込み、詳細な記述に努めたところでございます。

また、今回は、今、ディスプレイに表示されていますように、電子書籍も作成しております。電子書籍ですので、単語の検索を容易に行うことができますし、コピーフリーとしておりますので、広くご活用いただけるのではないかと考えております。

記録誌は、今後、全国の全ての自治体のほか、関係団体や、ご支援をいただいた団体に、お送りすることとしております。次の大規模災害に備え、防災対策の参考として、少しでも皆さまのお役に立つことができれば幸いだと考えております。

仙台市長 奥山 恵美子