現在位置 ホーム > 青葉区トップページ > 健康・福祉 > 健康づくり > 毎月19日は食育の日です

青葉区

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

毎月19日は食育の日です

国の食育基本計画では、毎月19日を食育の日と定めています。
食卓は食事を通したコミュニケーションの場であり、食事のマナーを身につけたり、旬の食材や郷土食を知る大切な食育の機会でもあります。
この日は家族そろって楽しく食事をしながら食について考える機会にしてみてはいかがでしょうか。

作ろう 食べよう 朝ごはん

20・30歳代に多い朝食を食べない人

「朝食を毎日食べない人」の割合は、男女とも20・30歳代が多いです(「平成21年度仙台市民の健康意識等に関する調査」)

朝食を毎日食べない人

 

男性

女性

20歳代

48.0%

34.4%

30歳代

45.7%

25.9%

40歳代

28.0%

10.2%

50歳代

21.4%

10.6%

朝ごはんを食べるメリット

  1. 脳が目覚め、集中力がアップする。
  2. 低下した体温が上昇し、身体が目覚める。
  3. 胃や腸が刺激され、排便が促される。
  4. 体内時計がリセットされ、体のリズムが整う。

朝食を食べる児童・生徒ほど、体力や学力が高い傾向に

基本的生活習慣と、ペーパーテストの得点を合わせ見た全国調査から、「朝食を必ず食べる」など、生活習慣が身についていることがうかがえる児童・生徒については、テストの得点が高い傾向にあることがわかりました。

朝ごはんを食べよう!

  • ステップ1 手早く準備でき、食べやすいものから。果物、ヨーグルト、チーズ、おにぎり、パン、シリアルなど
  • ステップ2 主食(ごはん、パンなど)の他に、卵、納豆、ハム、ソーセージなどの主菜をプラス
  • ステップ3、トマト、きゅうり、レタス、ゆでブロッコリーや具だくさん味噌汁、野菜スープなどの副菜をプラス

お問い合わせ

青葉区役所家庭健康課

仙台市青葉区上杉1-5-1 青葉区役所3階

電話番号:022-225-7211

ファクス:022-225-5564