更新日:2022年3月4日

ここから本文です。

令和2年国勢調査

 国勢調査は、日本に住んでいるすべての人と世帯を対象とする国の最も重要な統計調査です。

統計時報(令和2年国勢調査特集号)を作成しました

 総務省統計局の公表結果のうち、仙台市分をまとめた統計時報(令和2年国勢調査特集号)を作成しました。

 統計時報(特集)令和2年国勢調査_人口等基本集計結果

※他集計区分については、総務省統計局で結果を公表しだい順次作成予定です。

「令和2年国勢調査オンライン調査推進に係る表彰」統計局長表彰を受賞しました

 本表彰は、令和2年国勢調査においてオンライン調査による回答を積極的に推進し、その成果を上げた地方自治体を表彰するものです。皆様のオンライン調査へのご協力により、仙台市はこのたび統計局長表彰を受賞することができました。令和2年国勢調査にご協力いただき、ありがとうございました。

仙台市のインターネット回答率:43.7%(全国平均37.9%)

R2国勢調査オンライン表彰

仙台市の人口(確定値)

 仙台市の人口(確定値)

※仙台市外の結果や詳細につきましては、下記をご覧ください。

 総務省統計局「令和2年国勢調査」(外部サイトへリンク)

国勢調査とは

 国勢調査は国内の人口・世帯の実態、就業状態などを明らかにするため5年ごとに実施されます。調査結果は、選挙区の区割りや地方交付税交付金の算定基準等に利用されるほか、行政施策や民間企業等でのサービス提供のための基礎資料など幅広く利用されます。

調査期日

 令和2年10月1日現在

調査対象

 令和2年10月1日現在、日本国内に住むすべての人(外国人の方含む)及び世帯

調査項目

 調査項目は全19項目です。(設問は全16問)

  • 世帯員について(15項目)
    • 氏名、男女の別、出生年月、世帯主との続柄、配偶関係、国籍、現在の住居における居住期間、
    • 5年前の住居の所在地、教育の状況、就業状態、従業地または通学地、
    • 従業地又は通学地までの利用交通手段、従業上の地位、所属事業所の名称及び事業種類、職業
  • 世帯について(4項目)
    • 世帯の種類、世帯員の数、住居の種類、住宅の建て方

報告義務

 国勢調査は国の最も基本的な統計調査として、統計法の規定により「基幹統計調査」として定められており、調査対象者には報告義務が課せられています。

個人情報の取扱いについて

 調査に従事するすべての者に対して、守秘義務や調査票の取扱いに関する厳格な規定が定められており、調査情報は統計作成以外の目的に使用されることはありません。

国勢調査に関するFAQ(よくある質問)

令和2年国勢調査 よくある質問集(PDF:447KB)

国勢調査は100年の節目を迎えます

 令和2年国勢調査は、大正9年の調査開始から100年を迎える節目の調査となります。国勢調査100年記念ロゴマーク
総務省統計局刊行の下記「国勢調査100年のあゆみ」には国勢調査の歴史や調査結果概略等が
まとめられておりますのでご覧ください。
「国勢調査100年のあゆみ」(総務省統計局)(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

まちづくり政策局政策企画課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-1258

ファクス:022-268-4311