現在位置
トップページ>
健康と福祉>
子育て>
保育所・幼稚園など>
【利用案内・申込書類】保育施設等の利用を希望されるみなさまへ・【仙台市保育利用対象施設等一覧】

健康と福祉

【利用案内・申込書類】保育施設等の利用を希望されるみなさまへ・【仙台市保育利用対象施設等一覧】

このページでは,保育施設等を希望する方のための手続きなどをご案内します。

仙台市保育利用対象施設等一覧(PDF:488KB)

保育施設等利用手続き

  1. 保育施設等利用申込について
  2. 利用者負担額(保育料)
  3. 保育施設等の利用に関するお問い合わせ先・申込先

マイナンバーの利用について
申込関係書類のダウンロードはこちらへ

 1.保育施設等利用申込について

【年度途中からの利用の申込締切日】

各月1日付の利用開始希望の場合(4月1日を除く) 前月の5日まで

各月16日付の利用開始希望の場合 前月の20日まで

※いずれも土日祝日の場合は前開庁日まで

※平成28年4月1日付入所の一斉申込受付期間は終了しました

支給認定  

新制度では,幼稚園や保育所などの利用を希望される場合,入園・入所の決定とは別に,保護者の方の就労状況などをもとに,利用のための認定(支給認定)を受ける必要があります。

 支給認定には保育の必要性の有無と年齢に応じて,次のとおり1号認定・2号認定・3号認定の3つの区分が設けられ,認定された区分により,それぞれのニーズに合った施設や事業をご利用いただきます。保育利用を希望する場合には,2号認定又は3号認定を受ける必要があります。認定は,お住まいの市町村で受けていただきます。

支給認定の認定区分

支給認定の認定区分は,以下の3区分です。

認定区分

対象となるお子さん

利用できる主な施設・事業

1号認定

満3歳以上の就学前のお子さん(2号認定を除く)

幼稚園(新制度対象園のみ),認定こども園(幼稚園部分)

2号認定

満3歳以上で保護者の就労や疾病などの理由により,

保育を必要とするお子さん

保育所,認定こども園(保育所部分)

3号認定

満3歳未満で保護者の就労や疾病などの理由により,

保育を必要とするお子さん

保育所,認定こども園(保育所部分)

家庭的保育事業(保育ママ),小規模保育事業など

 2号認定または3号認定を受けるための要件(保育を必要とする要件)は,以下のとおりです。

1.1ヶ月に64時間以上就労している場合。(自営業,夜間勤務,内職等を含む)                                                                                                                   ※ 育児休業中の場合,保育施設等の利用開始後2ヶ月以内に復職する場合のみ対象となります。                                                                                               ※ 無収入で就労と認められない場合は対象になりません。(例 ボランティア活動,自家消費のための農業,町内会の役員など)                                                                  2.妊娠中または出産後間が無く,兄姉の保育が困難な場合。                                                                                                 ※ 認定期間は,産前産後各8週間以内の必要な期間のみとなります。                                                                                          3.病気にかかり,もしくはけがをし,または精神もしくは身体に障害を有している場合。                                                                                                                  4.家庭内の親族を常に介護している場合。                                                                                                                                         5.火災,風水害,震災等の災害にあい,復旧にあたっている場合。                                                                                                  6.求職活動中である場合。(保育施設等の利用開始後に求職活動を始める場合を含む)                                                                                                                       ※ 認定期間は,3ヶ月までとなります。就労の開始により,認定期間が延長されます。                                                                                                    7.1ヶ月に64時間以上就学している場合。(学生,職業訓練など)

保育を必要とする時間に応じた区分

2号認定又は3号認定には,保育を必要とする時間(勤務時間や通勤時間などを踏まえた時間)によって,さらに「保育標準時間認定」と「保育短時間認定」の2つの区分が設けられます。各施設等において,保育標準時間の時間帯(最大11時間)と保育短時間の時間帯(最大8時間)が設定されますので,これらの時間帯の中で利用することが基本となります。それぞれの時間帯を超えて利用する場合は延長保育となり,別途利用料がかかります。                                                                                                   ※各施設等における利用時間帯については,「仙台市保育利用対象施設等一覧(PDF:488KB)」をご覧ください。

 

保育利用の対象施設・事業

仙台市内の保育利用の対象となる施設・事業は,保育所,認定こども園(保育利用は保育所部分のみ),家庭的保育事業等(保育ママ),小規模保育事業,事業所内保育事業(地域枠)です。 それぞれの施設・事業の特徴は,以下のとおりです。

種類

特徴

保育所

保護者の就労等で保育が必要な0歳から小学校就学前までの児童を対象に,健やかに生活できる環境と教育を提供する児童福祉施設です。

認定こども園

幼稚園と保育所の機能を併せ持つ施設です。0歳児から小学校就学前までの児童を対象に,3歳未満児には保育を,3歳以上児には教育・保育を提供します。

家庭的保育事業等

(保育ママ)

3歳未満児を対象に,保育ママが家庭的な雰囲気のもとで,少人数(保育ママ1人あたり定員5人以下)でゆったりと保育します。一人ひとりの生活リズムや発達過程,心身の状態に応じたきめ細やかな対応をします。保育ママが1人の家庭的保育事業と,2人の小規模保育事業(C型)があります。

小規模保育事業

3歳未満児を対象に,比較的小規模な環境(定員6~19人)で,きめ細やかな保育を行います。保育従事者の全員が有資格者のA型と,2/3以上のB型があります。

事業所内保育事業

(地域枠)

事業所が設けている従業員のお子さんのための保育施設の中で,地域の保育を必要とするお子さんを受け入れている施設です。定員20人以上の保育所型と,定員19人以下の小規模型があり,さらに小規模型には保育従事者の全員が有資格者のA型と,1/2以上のB型があります。

※ 幼稚園・認定こども園(幼稚園部分)を希望する場合は,「幼稚園・認定こども園の利用を希望されるみなさまへ」をご覧ください。 

保育施設等の利用申込

第一希望の保育施設等が所在する区の区役所家庭健康課で申込を受け付けます。(青葉区管内の保育施設等が第一希望の場合は宮城総合支所保健福祉課でも受け付けています。 )                                                                                                                                      申込書等の必要書類は各区役所家庭健康課及び宮城総合支所保健福祉課の窓口にて配布をするほか,ページ下部の「申込関係書類ダウンロード」からもダウンロードすることができます。保育を必要とすることを証明する書類の提出がない場合や,指定期日に遅れた場合は,利用調整の対象となりませんので,ご注意ください。ご不明な点はあらかじめ各区役所家庭健康課にお問い合わせください。 

申込から利用までのながれ

申込の受付後,仙台市にて利用のための認定の審査と利用施設等の調整を行います。利用できる人数より利用希望者が多い場合は,保育を必要とする程度の高い方から順に利用調整を行います。平成28年度の利用調整基準については「平成28年度保育施設等利用案内 (PDF:593 KB)」の 6.利用の優先基準 をご覧ください。

1

第一希望の保育施設等が所在する区の区役所家庭健康課へ「利用のための認定(支給認定)」の申請と希望する保育施設等の利用申込

2

区役所で認定の審査と利用施設等の調整を実施

3

区役所より支給認定証を送付

4

利用が見込まれる方

区役所より利用が見込まれる保育施設等での面接について電話で連絡  →手順5,6,7へ

利用が見込まれない方

利用が見込まれない場合は,ご連絡はいたしません。その後,希望する施設等に欠員が生じた場合には,再度利用調整を実施し利用が見込まれる場合に電話でご連絡いたします。

5

利用見込みとなった施設等での面接 (※この時点ではまだ利用の可否は決定していません。)

6

区役所から利用施設等の調整結果をお知らせ

7

施設等と利用契約 (ただし,保育所を利用する場合は契約の必要はありません。)

 ※障害のあるお子さんについて                                                                                                         障害のあるお子さんの利用申込については,一般募集とは別に募集します。詳しくは障害児保育のページをご覧ください。

申込に必要な書類

以下の(ア)~(エ)の書類が必要です。(指定様式のものはいずれも<申込関係書類ダウンロード>からダウンロードできます。)

(ア)支給認定申請書兼保育施設等利用申込書(指定様式)

(イ)保育を必要とすることを証明する書類

状況

提出書類

就労等

お勤めの方

勤務証明書(指定様式)

就職が内定している方

勤務証明書(指定様式)

自営業(商業・農業等)の方

事業状況申告(証明)書(指定様式)

求職中の方

求職活動状況申告書(指定様式)

出産等

産前産後各8週間以内の方

母子健康手帳の写し

(母の氏名・出産予定日の記載があるもの)

疾病等

病気,けが,障害を有している方

診断書または障害者手帳の写し

家庭内の親族を常に介護している方

診断書または障害者手帳の写し及び介護・看護状況申告書

就学等

学生の方,職業訓練等を受けている方等

就学状況申告書(指定様式)及び在学証明書等

※上記以外の状況の場合,提出していただく書類が異なりますので各区役所家庭健康課にご相談ください。                                                                                                                  ※求職中の場合でも申し込みはできますが,保育施設等の利用開始後3か月以内の指定する期日までに保育を必要とする証明書類を提出していただきます。                                                                                                                             ※育児休業中の場合,保育施設等の利用開始後2か月以内に復職する場合のみ利用の対象となります。                                                                                                   ※65歳未満の祖父母が同居している場合は,父母の証明書に加えて,祖父母についても保育を必要とする証明書をご提出ください。(提出がなくても申し込みはできますが,希望する保育施設等の利用調整において優先度が低くなります。)

(ウ)家庭状況等申告書(指定様式)  …家庭及び申込児童の状況確認のための書類

(エ)利用者負担額(保育料)決定のための書類…児童の父母及び同居の祖父母等のものを提出してください。 

家庭状況

必要書類

生活保護受給中の方

生活保護費支給票の写し等

仙台市から市民税の決定を受けている方

仙台市にて市民税の確認を行うため,提出は不要です。

仙台市から市民税の決定を受けていない方

(市外からの転入・単身赴任の方など)

平成27年9月~28年8月の保育料決定に必要な書類

平成27年度(平成26年分)市県民税(非)課税証明書等(※)

平成28年9月~平成29年3月の保育料決定に必要な書類

平成28年度(平成27年分)市県民税(非)課税証明書等(※)

※市県民税(非)課税証明書は,各年の1月1日に住民登録をしていた市町村で発行されます。

※いずれの証明書も,所得額・控除額・課税額が記載されたものをご提出ください。

※市県民税(非)課税証明書は,「市民税・県民税特別徴収税額の通知書」(会社員等の場合)または「市民税・県民税課税明細書」(自営業等の場合)に代えることができます。

※申込の際に(エ)の書類がそろわない場合は後日の提出でも構いませんが,保育施設等の利用開始日までに書類の提出がない場合は保育料が最高額での認定になります。

広域入所

里帰り出産や保護者の勤務地の都合などにより,お住まいの市町村以外の保育施設等への入所(広域入所)を希望される場合は,仙台市内にお住まいの方は,お住まいの区の区役所家庭健康課,仙台市外にお住まいの方は,お住まいの市町村の保育施設等担当部署へご相談ください。

※いずれの場合もお住まいの市町村で支給認定を受ける必要があります。

※仙台市内の保育施設等を利用開始するまでに仙台市内に転入する場合は,通常の利用までの流れと同様の手続きになります。必要書類を揃え,第一希望の保育施設等が所在する区の区役所家庭健康課までお申し込みください。

2.利用者負担額(保育料)

保育料は,保育利用対象のお子さんの父母及び同居の祖父母等(家計の主宰者である場合に限ります。)の市町村民税額の合計額によって決定します。詳しい負担額については,「平成28年度子ども・子育て支援新制度における利用者負担額(月額)(PDF:183KB) 」をご覧ください。

  • 保育所を利用する場合は,毎月の保育料を口座振替により市に納入していただきます。
  • 保育所以外の施設等を利用する場合は,直接各施設等に保育料をお支払いいただきます。
  • 認定の区分(保育標準時間・保育短時間)ごとに各施設等で設定する時間帯を超えて利用する場合には,別途延長保育料を負担していただきます。

3.保育施設等の利用に関するお問い合わせ先・申込先

青葉区役所 家庭健康課(保育所担当)TEL 022-225-7211(代)
宮城野区役所 家庭健康課(保育所担当)TEL 022-291-2111(代)
若林区役所 家庭健康課(保育所担当)TEL 022-282-1111(代)
太白区役所 家庭健康課(保育所担当)TEL 022-247-1111(代)
泉区役所 家庭健康課(保育所担当)TEL 022-372-3111(代)
※青葉区役所管内の保育施設等については,申込受付のみ宮城総合支所保健福祉課でも行います。ただし,利用に係る事務,審査等は青葉区役所家庭健康課で行います。

4.マイナンバーの利用について

平成28年1月から,社会保障・税・災害対策の3分野の行政手続きでマイナンバーの利用が始まっております。保育に関する手続きにおいては,保育施設等の利用申込及び支給認定におきまして,申込関係書類と併せてマイナンバー記入用紙の提出が必要となります。
マイナンバー記入用紙提出の際には,本人確認が必要となりますので,手続きの際に,マイナンバーのわかるもの(個人番号カード,通知カード)と,本人確認書類(運転免許証などの顔写真付きの証明書)をご用意ください。

・マイナンバー記入用紙(PDF:101KB)

 平成28年度申込関係書類ダウンロード

保育を必要とすることの証明書

このページのトップへ戻る