現在位置
トップページ>
健康と福祉>
子育て>
児童手当・子ども手当、医療費助成、貸付など>
児童手当

健康と福祉

児童手当

家庭等における生活の安定に寄与するとともに,次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的とした手当です。 

 転入・転出・児童の出生等による児童手当の申請は,

事実の発生した日の翌日から起算して15日以内に提出してください。

 

申請が遅れた月分の手当は受給できなくなりますので,ご注意ください。

制度について

平成24年4月から『子ども手当』は『児童手当』に変わりました。

平成28年1月から番号制度が始まります。
児童手当の手続きでは、申請書へのマイナンバーの記載や本人確認を求める場合がございます。
お持ちの方は、「マイナンバーカード(個人番号カード)」もしくは「通知カード」及び「顔写真付きの証明書(運転免許証など)」のご持参をお願いします。

支給要件

受給者

次のいずれかに該当する仙台市にお住まいの方
(1)支給対象となる児童の父または母のうち,生計中心者(住民登録のある外国人の方を含みます)
(2)支給対象となる児童の未成年後見人
(3)支給対象となる児童の父母が国外在住の場合に,父母に指定された方(父母指定者)
(4)支給対象となる児童を養育している里親
(5)上記(1)~(4)以外で,支給対象となる児童の生計を維持されている方
ただし,支給対象となる児童が児童福祉施設に入所している場合等は,当該施設の設置者等が受給者となります。

支給対象となる児童

0歳から15歳到達日以後の最初の3月31日までの間にある児童
(生年月日が平成10年4月2日以降の児童)

※ただし,国外在住の児童は支給対象とはなりません(留学の場合を除く)

支給額

区分

児童一人あたりの月額

3歳未満(3歳の誕生日の属する月まで)

15,000円

3歳~小学生

 第1子,第2子※

10,000円

 第3子以降    ※

15,000円

中学生

10,000円

所得制限限度額以上の方

 5,000円

※生年月日が平成10年4月2日以降の児童の中での出生順
<Q&Aページ>支給額例 へ

所得制限限度額

平成28年4月~5月までの手当については平成27年度(平成26年分)の所得で判定します。
平成28年6月~平成29年5月までの手当については平成28年度(平成27年分)の所得で判定します。
世帯の合算所得ではなく,受給者と配偶者それぞれ単独の所得で判定し,所得の高い方が受給者となります。
施設里親等受給者については所得制限の適用はありません。また所得制限限度額は,今後国の制度改正によって変更される場合があります。

扶養親族等の数

0人

1人

2人

3人

4人以上

所得制限限度額

6,220,000円

6,600,000円

6,980,000円

7,360,000円

1人増加につき

380,000円加算

給与収入額(目安)

8,333,000円

8,756,000円

9,178,000円

9,600,000円

扶養親族等が老人控除対象配偶者,又は老人扶養親族の場合は1人につき6万円が上記所得制限限度額に加算されます。
<Q&Aページ>扶養親族等について へ
<Q&Aページ>所得制限限度額の計算の仕方 へ

支給日

以下の支給日に受給者名義の金融機関の口座へ振り込まれます。

  • 平成28年 6月15日(水曜日):平成28年 2月~5月分
  • 平成28年10月14日(金曜日):平成28年 6月~9月分
  • 平成29年 2月15日(水曜日):平成28年10月~平成29年1月分
  • 平成29年 6月15日(木曜日):平成29年2月~平成29年5月分

原則として,申請日の翌月分から支給されます。

申請の仕方

 公務員の方は勤務先へ認定請求してください。 (ただし,独立行政法人の職員の方は,仙台市に認定請求してください。)
<Q&Aページ>公務員になったとき・辞めたときへ 

新規申請

受給者が単身赴任等により児童と別居した状態で仙台市に転入する場合は,支給先が仙台市に変更になりますので,新たに仙台市に認定請求をしてください。
また,仙台市には子ども医療費助成制度があり,こちらも別途申請が必要ですのでご注意ください。

どのようなとき

〔1〕他市町村から仙台市に転入したとき

〔2〕第1子が生まれたとき

〔3〕離婚協議中である場合などに現受給者である父または母のいずれかと児童が別居したとき

いつまでに

〔1〕転出予定日
〔2〕出生日
〔3〕児童を養育し始めた日

翌日から15日以内申請が遅れた場合,遅れた月分の手当は受給できなくなりますので,ご注意ください。)

誰が

 児童の父母のうち,生計を維持する程度が高い方(原則として恒常的に「所得」が高い方)

(上記「どのようなとき」〔3〕の場合は,児童と別居する父または母が児童の生計を維持している場合であっても,児童と同居する父または母に手当が支給されます。)

方法

 直接窓口 又は 郵送 (郵送請求の場合,請求日は郵便物が担当窓口に到達した日となります。)

担当窓口

各区役所保険年金課,宮城総合支所保険年金課,秋保総合支所保健福祉課

必ず提出する書類

認定請求書

<以下の添付書類は後日提出してもかまいません>  

◆請求者の健康保険証の写し(児童のものではありません)
◆請求者名義の金融機関口座の写し(ゆうちょ銀行も可。配偶者,児童名義の口座へは支給できません。)

該当者のみ添付が必要になる書類

(後日提出してもかまいません) 

 

〔1〕支給開始月が平成28年5月までの方で,
平成27年1月1日時点に仙台市以外で住民登録していた方

 

〔2〕支給開始月が平成28年6月以降の方で,
平成28年1月1日時点に仙台市以外で住民登録していた方

◆請求者及び配偶者の所得証明書(原本で記載省略のないもの)

〔1〕平成27年度(平成26年分)の所得を証明するもの
〔2〕平成28年度(平成27年分)の所得を証明するもの
※配偶者が税法上の控除対象配偶者である場合は,配偶者の所得証明書は不要です。

※〔1〕が必要な方で6月分以降も引き続き手当を受給する場合は,6月の現況届の際に〔2〕の提出が必要となります。

 単身赴任等により児童と別居している方

監護・生計(同一・維持)に関する申立書

◆児童と同居している方全員の住民票の写し

(記載省略のないもの)

 離婚協議中で夫婦が別居し,児童と同居している方

児童手当等の受給資格に係る申立書

◆離婚協議中であることを明らかにできる書類

(協議離婚申し入れに係る内容証明郵便の謄本,調停期日呼出状の写し,家庭裁判所における事件係属証明書,調停不成立証明書等)

上記の方以外にも添付書類が必要になる方もいらっしゃいますので,詳しくは担当窓口にお問い合わせください。

各種申立書等書類

申請後

受給資格が認定された方には「認定通知書」が,認定されなかった方には「認定請求却下通知書」が郵送されます。 

<Q&Aページ>「15日以内」の数え方 へ
<Q&Aページ>指定可能な金融機関 へ
<Q&Aページ>里帰り出産をしたとき へ

その他,申請が必要な事由

以下の場合も申請が必要になりますので,申請書等をお住まいの区の区役所・総合支所 担当窓口まで提出または郵送してください。
新たに児童が増え増額手続きをする方は出生日の翌日から【15日以内】 に申請してください。申請が遅れた月分の手当は受給できなくなりますので,ご注意ください。

出生等により新たに児童が増えた

額改定認定請求書・額改定届

仙台市から他市町村に転出する

 受給事由消滅届

口座を変更したい

 変更届

  新たに指定したい金融機関口座の写し(受給者名義のものに限ります)

郵送で申請する方は,本人確認のために運転免許証や保険証など身分証明の写しも同封してください。請求日は郵便物が担当窓口に到達した日となります。

この他にも申請が必要な場合がありますので,詳しくは担当窓口にお問い合わせください。
また,請求内容に変更が生じた場合等で,支給要件を満たさないまま手当を受給した場合は,手当を返還していただくことになります。

申請・お問い合わせ先

お住まいの区の下記,区役所・総合支所 担当窓口まで

担当窓口

住所

連絡先

青葉区役所       保険年金課

〒980-8701 青葉区上杉一丁目5-1

5F

 022-225-7211 (代)   内線: 6378

宮城総合支所  保険年金課

〒989-3125 青葉区下愛子字観音堂5

1F

 022-392-2111 (代)   内線: 5252

宮城野区役所     保険年金課

〒983-8601 宮城野区五輪二丁目12-35

1F

 022-291-2111 (代)   内線: 6372

若林区役所       保険年金課

〒984-8601 若林区保春院前丁3-1

1F

 022-282-1111 (代)   内線: 6373

太白区役所       保険年金課

〒982-8601 太白区長町南三丁目1-15

1F

 022-247-1111 (代)   内線: 6371

秋保総合支所  保健福祉課

〒982-0243 太白区秋保町長袋字大原45-1

1F

 022-399-2111 (代)   内線: 5233

泉区役所        保険年金課

〒981-3189 泉区泉中央二丁目1-1

2F

 022-372-3111 (代)   内線: 6372

申請書等ダウンロード

申請が必要な事由

申請書等の名称

記入例

  • 新規に申請するとき(第1子の出生や市外からの転入など)

◆認定請求書(PDF:241KB)

 【記入例】認定請求書(PDF:98KB)

  • 養育する児童が増えた,減ったとき(手当の額が増減するとき)

◆額改定認定請求書・額改定届(PDF:149KB)

 【記入例】額改定認定請求書・額改定届(PDF:89KB)

  • 口座を変更するとき
  • 受給者と児童の同居・別居状況が変更になるとき等

◆変更届(PDF:136KB)

 【記入例】変更届(PDF:78KB)

  • 受給者が市外へ転出するとき
  • 受給者が公務員になったとき等

◆受給事由消滅届(PDF:174KB)

 【記入例】受給事由消滅届(PDF:103KB)

  • 単身赴任等で受給者が児童と別居しているとき
  • 実子でない児童を監護しているとき等

◆監護・生計(同一維持)に関する申立書(PDF:136KB)

 【記入例】監護・生計(同一)に関する申立書※実子の場合(PDF:84KB)
【記入例】監護・生計(維持)に関する申立書※実子でない場合(PDF:80KB)

  • 離婚協議中で夫婦が別居している場合などに,児童と同居する父または母が申請するとき

◆児童手当等の受給に係る申立書(PDF:78KB)

 【記入例】児童手当等の受給に係る申立書(PDF:66KB)

  • 児童に親権者がいない場合などに法定代理人が申請するとき

◆児童手当等の受給に係る申立書(未成年後見人)(PDF:70KB)

 【記入例】児童手当等の受給に係る申立書(未成年後見人)(PDF:47KB)

  • 児童が海外留学しているとき

◆児童手当等に係る海外留学に関する申立書(PDF:95KB)

 【記入例】児童手当等に係る海外留学に関する申立書(PDF:91KB)

 

児童手当現況届の提出について(平成27年度)

仙台市では,児童手当受給者のみなさまに現況届(必要提出書類等)のご案内を毎年6月中旬に郵送いたします。

現況届は,6月1日現在の児童手当の受給資格について,毎年確認するために必要な届です。
現況届を提出されない場合,受給資格があっても,6月分以降の児童手当の支払いができなくなりますので,
下記のとおり必ず提出してください。  

提出期限

平成27年6月30日(火曜日)

提出先

お住まいの区の区役所保険年金課
宮城総合支所保険年金課
秋保総合支所保健福祉課
郵送または持参にて提出してください。

添付書類

【必ず必要なもの】
(1)受給者の健康保険証の写し(児童の健康保険証ではありません)
【その他の書類が必要となる方】
○平成27年1月1日現在の住所が仙台市外の方
(2)受給者及び配偶者の平成27年度(平成26年分)の所得証明書(記載省略がなく、控除額、扶養人数の記載のあるもの)

平成27年1月1日居住の市町村から交付を受けてください。
配偶者が税法上の控除対象配偶者である場合は,配偶者の所得証明書は不要です。


○児童と別居している方

(3)申立書(監護・生計同一〔維持〕に関する申立書)
児童の住所が仙台市外の場合
(4)別居児童世帯全員の住民票(記載省略のないもの)

○受給者自身の子でない児童を養育している方
(5)申立書(監護・生計同一〔維持〕に関する申立書)

この他,別途書類が必要になる場合があります。(該当の方には担当部署よりご案内いたします)

よくある質問

児童手当<よくある質問>
支給額・所得制限について,申請について,現況届について等 児童手当に関するQ&Aのページです

児童手当パンフレット

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、ダウンロードしてください。

このページのトップへ戻る