更新日:2016年11月1日

ここから本文です。

歯と口の健康づくりネットワーク会議 活動経過

1.歯と口の健康づくりネットワーク会議について

設置

平成15年11月

目的

  1. 保健,医療,教育,職域関係団体(者)等の各主体の相互連携・協力により,「いきいき市民健康プラン」における重点戦略の一分野である「歯と口の健康づくり」を推進する。
  2. 各主体は,それぞれの立場で市民の生涯を通じた「歯と口の健康づくり」活動の一翼を担い,歯科保健の推進を通して市民のQOL(生活の質)の向上に寄与することに努める。

構成

東北大学大学院歯学研究科予防歯科学分野,(一社)仙台市医師会,(一社)仙台歯科医師会,(一社)仙台市薬剤師会,宮城産業保健総合支援センター,(一社)宮城県歯科衛生士会,仙台市私立幼稚園連合会,仙台市保育所連合会,仙台市PTA協議会,仙台市(教育局,子供未来局,保健所,健康福祉局)

所掌内容

  1. むし歯予防に関すること
  2. 歯周病予防に関すること
  3. 歯科保健情報の収集,分析,提供に関すること

活動状況

ネットワーク会議 年1~2回開催
部会活動 課題に応じて部会を設置し検討

2.歯と口の健康づくりネットワーク会議による活動実績

会議開催回数 64回 (平成15年-27年度)

  • 歯と口の健康づくりネットワーク会議 18回
  • むし歯予防推進部会,むし歯予防評価部会 22回
  • 口腔機能向上部会 3回
  • 歯周病予防推進部会,歯周病予防評価部会 15回
  • 3歳児カリエスフリー85検討部会 4回
  • 3歳児カリエスフリー85プロジェクト準備会議 2回

平成11年度~13年度

取り組み内容

成果

仙台市歯科保健実態調査結果による現状と今後の展望

対象:保育所,幼稚園児保護者
小中高等学校,児童保護者,生徒本人
成人調査(口腔診査含む)
障害児施設,高齢者福祉施設等

  • 幼児から高齢者に至る体系的,継続的な歯科健康教育の充実と適切な歯科保健情報提供を図る体制整備の必要性
  • 根拠に基づいた歯科疾患予防対策推進の必要性
  • 市民のセルフケア能力の向上,予防を指向としたプロフェッショナルケアの整備,健康が育まれる公衆衛生の充実
  • 保健医療,福祉,教育等関係機関の連携協力体制の構築

いきいき市民健康プラン策定(計画期間:平成14年度~22年度)

平成14年度

取り組み内容

成果

フッ化洗口ガイドライン」の通知
平成15年1月 厚生労働省より各都道府県知事あて通知,文部科学省より各都道府県教育委員会あて通知

平成15年度

取り組み内容

成果

歯と口の健康づくりネットワーク会議設置 平成15年11月

  • いきいき市民健康プランについて
  • 仙台市の歯科保健の現状と課題

むし歯予防推進部会設置 平成16年1月

  • むし歯予防対策について検討
  • 保育所・幼稚園活動調査について

歯と口の健康づくりネットワーク会議,むし歯予防推進部会 合同開催 平成16年1月
講演「健康文化やまがた21」の推進について ―山形県におけるむし歯予防対策の取り組み―

  1. 行政の立場から:山形県健康福祉部健康薬務課 健康企画主査 吉川 透氏
  2. かかりつけ歯科医・学校医の立場から:山形県歯科医師会 地域保健理事 五十嵐 雄一 氏
    ※根拠に基づくむし歯予防対策の必要性を共有し,効果的に事業をすすめるため,フッ化物集団洗口を実施

保育所(園)・幼稚園歯科保健活動調査の実施

対象施設:幼稚園・保育所 209施設

  • 保育所,幼稚園の歯科保健活動実態把握
  • 子どもの頃からの基本的な生活習慣の基盤づくりやその定着に関するプログラムの作成の必要性
  • フッ化物応用の推進の必要性

20歳のデンタルケア事業開始

平成16年度

取り組み内容

成果

歯と口の健康づくりネットワーク会議

フッ化物応用推進に向けて

  • 子どもの健康づくりを支援する関係者が共通して使用するマニュアル作成
  • むし歯予防推進啓発事業の実施推進フォーラムの開催
  • 歯科保健関係者スキルアップの検討
    ワークショップ,研修会の開催

歯と口の健康づくりマニュアル作成

I 子どもの歯と口の基礎知識(PDF:9,596KB)

II 子どもの生活習慣支援マニュアル(PDF:6,833KB)

III フッ化物応用マニュアル(PDF:5,597KB)

幼稚園・保育所・学校・歯科保健関係者等へ配布

市民向け啓発用リーフレット

「フッ化物でむし歯予防」シリーズ(3種)作成

  1. フッ化物のはたらき(PDF:869KB)
  2. 利用方法(PDF:790KB)
  3. Q&A(PDF:1,119KB)

ワークショップの開催(歯科保健関係者対象)
日時:平成16年9月30日(木曜日)19時00分~21時00分
会場:宮城県歯科医師会館 5階講堂

  1. 仙台市歯と口のネットワーク会議について
    仙台市歯と口のネットワーク会議 議長 東北大学大学院歯学研究科 教授 小関 健由 氏
  2. 講演:「子どもの時からの歯と口の健康づくり」 ―健康的な生活習慣の確立とEBMに基づくフッ化物応用―
    講師 東京歯科大学 衛生学講座 教授 眞木 吉信 氏
  3. 仙台市歯と口の健康づくり推進事業について
    仙台市青葉区保健福祉センター 家庭健康課 主幹 塚田 満男 氏

推進フォーラム開催(市民・保育幼稚園関係者)

日時:平成16年11月27日(土曜日)13時30分~15時30分
会場:福祉プラザふれあいホール

シンポジウムテーマ:「歯と口から始める健康づくり!」
対象:市民,幼稚園・保育所・学校関係者及び健康に関連する関係機関や団体

むし歯予防推進部会

歯と口の健康づくり目標達成に向けた今後の活動の方向性について

歯と口の健康づくりネットワーク会議

  • むし歯予防対策の進捗について
  • 歯周病予防推進部会の設置について
    市民の歯周疾患有病状況の現状と課題

フッ化物洗口導入支援事業開始(11月~)

フッ化物洗口の取り組みを始める保育所・幼稚園を対象に,初年度に必要な物品の提供や説明会のための支援などを行なうもの。

平成17年度

取り組み内容

成果

 

2歳6か月児歯科健康診査個別通知(6月~)

仙台市幼稚園PTA関係者研修会

日時:平成17年9月21日(水曜日)10時30分~12時30分
場所:仙台市民会館

テーマ:子どもの歯と口の健康づくり
演題:よくかむことは「あいなのだ」 ―丈夫な歯と心とからだの健康づくり―

講師 東京歯科大学 衛生学講座 教授 眞木 吉信氏

歯周病予防推進部会設置 平成17年9月

歯周病予防対策について

  • 歯科保健医療関係者が共通して使用するマニュアル作成
  • 歯科保健関係者スキルアップの検討,ワークショップ,研修会の開催
  • 歯周病予防普及啓発について
    ポスター,懸垂幕作成の検討

歯と口の健康づくりマニュアル作成

IV 歯周疾患予防推進マニュアル(PDF:6,789KB)作成

V 歯周疾患検診マニュアル(PDF:7,556KB)作成

市民向け啓発用リーフレット(3種)作成

「いつもさわやかなお口のために」シリーズ(3種)作成

  1. 歯肉炎の方・健康な方へ(PDF:586KB)
  2. 初期の歯周炎の方へ(PDF:615KB)
  3. 進行した歯周炎の方へ(PDF:324KB)

むし歯予防評価部会設置 平成17年12月

  • むし歯予防活動評価について
    保育所,幼稚園の歯科健康診断結果を集約する。
  • 保育所・幼稚園の歯科健康診査基準の統一化について
    記録表,結果集約の手法等を検討
  • 歯周病予防推進啓発ポスター作成
  • 歯周疾患予防啓発懸垂幕の作成
  • 歯周疾患検診拡大40・50歳→40・50・60・70歳

むし歯予防推進講演会開催

(1)平成18年2月21日(水曜日)14時30分~16時30分 会場:仙台福祉プラザ 対象:幼稚園・保育所関係者

  • 「幼児期におけるむし歯予防の基礎知識」
    講師 東北大学大学院歯学研究科口腔保健発育学講座小児発達学分野猪狩和子氏
  • 「幼稚園・保育所における歯科健康診査の有効利用について」
    講師 太白区家庭健康課 主幹 塚田 満男氏

(2)平成18年2月28日(水曜日)18時30分~20時30分 会場:宮城県歯科医師会館講堂 対象:歯科保健医療関係者

  • 「歯科医療関係者に期待されること―いきいき市民健康プラン目標達成のために―」
    講師 国立保健医療科学院 口腔保健部 部長 花田 信弘氏
  • 「仙台市における子供の歯の現状と問題点」
    講師 東北大学大学院歯学研究科口腔保健発育学講座小児発達学分野 猪狩 和子氏

平成18年度

取り組み内容

成果

むし歯予防評価部会

  • フッ化物洗口導入支援事業参加施設における健診結果の集約,結果還元について
  • 歯周疾患検診に関するアンケート調査実施
    対象:歯周疾患検診対象者
    40・50・60・70歳の市民

保育所(園)幼稚園鹿健康診査結果集約試行
対象:フッ化物洗口導入支援事業参加施設対象

II 子どもの生活習慣支援マニュアル別冊歯科健康診査ガイド(PDF:659KB)作成

歯周疾患検診受診時の保健指導が「良かった」と回答した者は年齢とともに増加し,全体では約80%であったが,指導を受けていないと回答した者が5%みられた。

  • 歯周病予防普及啓発の強化
    • 歯の衛生週間市民のつどい
    • マスコミを活用した広報/懸垂幕/
    • 医師会,薬剤師会と連携した啓発
  • 歯周疾患検診事後指導の強化
    歯間ブラシの体験等
  • 受診後の行動変容として「歯みがきを丁寧にするようになった」62%、「歯間ブラシ等を使うようになった」29%であったが,「特に変わらない」と回答した者も26%みられた。
  • 歯周疾患検診未受診の理由として「定期健診を受診している」が最も多く全体の65%,次に「治療中である」約40%であった。

歯と口の健康づくりネットワーク会議

いきいき市民健康プランの中間評価

  • これまでの取り組みと成果の確認
  • 後期計画の取り組みについて
  • 60歳で24本以上,80歳で20本以上自分の歯がある人の割合は増加し,目標値を達成した。
  • むし歯のない子どもは増加しているものの他の政令指定都市,全国と比較すると有病率は高い。
  • 進行した歯周疾患にかかっている人は減少傾向にある。

保育所(園)幼稚園歯科健康診査結果集約事業開始

平成19年度

取り組み内容

成果

保育所(園)幼稚園歯科健康診査結果を一元的に集約する。分析結果は,各施設に還元するとともに,仙台市ホームページにも掲載。

施設単位あるいは地域全体の乳幼児期の歯と口の健康づくり推進の基盤とし,望ましい生活習慣や健康的な生活への具体的な行動ができる子どもを育てる。

むし歯予防評価部会

保育所,幼稚園歯科健診結果による課題の整理

  • 仙台市フッ化物洗口導入支援事業の推進
  • 食育と連携したむし歯予防への取り組み
  • むし歯ハイリスク児への対応
  • 歯科健康診査結果集約の定着と制度管理の徹底

口腔機能向上部会設置 平成19年8月

生涯を通じた歯と口の健康とQOLの維持向上に不可欠である口腔機能の重要性の啓発とその機能の低下を防ぐことを目的として設置。

元気なお口ですこやか生活(PDF:2,500KB)」リーフレットを作成。

  • フッ化物洗口導入支援事業及びフッ化物の局所応用推進について
  • 歯周疾患検診
  • 市政だよりで広報
  • 保育所,幼稚園へむし歯予防絵画コンクール案内時,事業紹介文同封
  • 歯周疾患検診拡大40・50・60・70歳→30・40・50・60・70歳

平成20年度

取り組み内容

成果

  • むし歯予防啓発活動
  • 口腔機能向上部会
  • 口腔ケアと口腔機能向上に関するリーフレット(平成19年度作成)の活用

仙台市PTAフェスティバル参加

  • 小中学生とその保護者を対象に,フッ化物洗口体験の実施とパネル展示
  • 地域包括支援センターによる口腔機能向上普及啓発事業,区保健福祉センター健康まつり等

口腔機能向上研修会開催

平成20年12月18日(木曜日)14時30分~17時00分 会場 上杉分庁舎6階第1会議室

対象:地域包括支援センター職員,歯科保健医療関係者

  • 「口腔機能の維持・向上による介護予防効果」
    講師:東北大学大学院歯学研究科 国際歯科保健学分野 教授 小坂 健氏
  • 「口腔機能の維持・向上のためのセルフケア指導のポイント」
    講師:宮城歯科衛生士会 会長 奥谷 房子氏

むし歯予防評価部会

いきいき市民健康プラン・むし歯予防関連指標の達成状況を把握し,次期計画を視野に入れた評価検討を行った。

保育所(園)幼稚園歯科保健活動調査
対象:幼稚園・保育所 223箇所

  • 「歯科保健活動状況」「園医又は嘱託歯科医の取り組みと連携」等を把握し,平成15年度調査結果との比較を行った。
  • フッ化物洗口実施に関する設問を新設し,フッ化物洗口導入支援事業の評価及び事業推進を図るための検討を行った。

園で実施しているむし歯予防活動

  • 歯磨き 平成15年84.2%→平成21年47%
  • 間食指導 平成15年34.5%→平成21年30.2%
  • フッ化物洗口 平成15年9.7%→平成21年50.3%

フッ化物洗口実施により変化があったこと

  • 園児のむし歯予防に関する意識が向上した71.6%
  • 保護者のむし歯予防に関する意識が向上した55.8%
  • 職員のむし歯予防に関する意識が向上した46.3

学校歯科保健関連調査
対象・小学校:124校・中学校:63校

  • 小学校11校の小3年生保護者:1137人
  • 中学校7校の中学1年生:1173人
  • 市立高等学校の高校3年生:969人
  • 学校での歯科保健活動の実態と学童生徒の歯科保健に関する意識・行動の実態把握について平成17年度調査との比較を実施
  • 学校でできると考える歯科疾患予防方法(小学校)
    • 歯科疾患に関する健康教育 平成17年87%→平成21年92.7%
    • 歯磨き指導 平成17年87%→平成21年90%
    • 食事指導 平成17年74.5%→平成21年74.5%
    • フッ化物の応用 平成17年1.9%→平成21年2.7%
  • むし歯は病気だと思う中学3年生
    むし歯は病気だと思う 平成17年50.8%→平成21年59.8%
  • 1年以内にフッ化物歯面塗布を受けた小学3年生
    フッ化物歯面塗布を受けた 平成17年35%→平成21年45%
  • 1年以内に歯科医院で歯磨き指導を受けた高校3年生
    歯みがき指導を受けた 平成17年21.1%→平成21年28.4%

平成21年度

取り組み内容

成果

8020達成率調査

対象 75歳~84歳までの市民 2000人

歯・口腔の状況及び歯科保健行動等を把握し,平成17年度調査結果との比較分析を行った。

歯周病予防評価部会設置 平成21年11月

歯周病予防対策の評価について

  • 歯周病予防啓発活動の取り組み
  • 歯周疾患検診の充実に向けた課題の整理
  • 80歳で20歯以上自分の歯を有する人の割合
    8020達成者 平成17年43.6%→平成21年46.5%
  • かかりつけ歯科医の有無について
    かかりつけ歯科医がある人 平成17年65.4%→平成21年71.5%
  • 8020達成状況による健康感の比較
    健康,普通と回答した人→8020達成者90.2%非達成者79.6%

口腔機能向上研修会開催

平成22年3月2日(火曜日)14時00分~15時30分 会場 上杉分庁舎6階第1会議室

対象:地域包括支援センター職員,区保健福祉センター・総合支所職員

「口腔機能維持・向上の意義と普及・啓発の実践」
―おいしく・楽しく・安全な食生活のために― 講師:宮城県歯科衛生士会 小林 淑子 氏

平成22年度

取り組み内容

成果

歯周病予防評価部会

いきいき市民健康プラン・歯周病予防関連指標の達成状況を把握し,次期計画を視野に入れた評価と今後の取り組みの検討を行った。

むし歯予防評価部会

いきいき市民健康プラン・歯周病予防関連指標の達成状況を把握し,次期計画を視野に入れた評価と今後の取り組みの検討を行った。

歯と口の健康づくりネットワーク会議

  1. 「次期いきいき市民健康プラン」の策定について
  2. 「いきいき市民健康プラン」歯と口の健康づくり分野の達成状況について
    • (1)歯と口の健康づくり関連指標とこれまでの取り組み
    • (2)むし歯予防評価部会報告
    • (3)歯周病予防評価部会報告
  3. 「いきいき市民健康プラン」歯と口の健康づくり分野の今後の方向性について

※「仙台市・歯と口の健康づくり計画」及び「仙台市・歯と口の健康づくりアクションプラン」の策定について

平成23年度

取り組み内容

歯と口の健康づくりネットワーク会議

  1. 東日本大震災における保健医療活動
  2. 「第2期いきいき市民健康プラン」の策定
  3. 仙台市・歯と口の健康づくり計画(案)の検討
  4. 仙台市・歯と口の健康づくりアクションプラン(案)の検討

むし歯予防推進部会

  1. 「仙台市・歯と口の健康づくり実施計画」及び「仙台市・歯と口の健康づくりアクションプラン」の推進
  2. 平成23年度保育所・幼稚園歯科健康診査結果及びフッ化物洗口実施状況について
  3. 「児童・思春期世代」の歯科保健の現状について
    • (1)歯科疾患の有病状況と歯科保健活動について
    • (2)学校歯科保健活動状況について
    • (3)児童・思春期世代の歯と口の健康づくり取り組みの方向性について

平成24年度

取り組み内容

歯と口の健康づくりネットワーク会議及びむし歯予防推進部会 合同会議

  1. 平成23年度歯科保健事業実績報告及び震災による食・生活習慣の変化等の影響を検証
  2. 仙台市・歯と口の健康づくりアクションプラン「幼児期~学童期」の実践に向けた検討
  3. 今後のむし歯予防対策,歯周病予防対策の取り組みについて

歯と口の健康づくりネットワーク会議及びむし歯予防推進部会 合同勉強会

  1. 基調講演「これからの幼児期から学童期の歯科保健のあり方」 ―ともに進める取り組みを目指して―
    講師:東北大学歯学研究科小児発達歯科学分野 教授 福本 敏氏
  2. 合同ディスカッション「子どものむし歯予防推進対策の課題」

歯と口の健康づくりネットワーク会議むし歯予防推進部会

  1. 平成25年度「幼児期から学童期の歯と口の健康づくり」に向けた具体策の検討
    • (1)幼児期前半のむし歯予防対策の拡大
    • (2)保育所,幼稚園歯科健康診査結果を活用した歯と口の健康づくり推進
    • (3)フッ化物洗口を実施する保育所・幼稚園児増加に向けた取り組み推進
    • (4)幼児から学童期の歯と口の健康づくり支援者との取り組み推進
    • (5)学童期の歯と口の健康づくりの充実強化
    • (6)保護者や地域の関心を高める啓発活動の強化

平成25年度

取り組み内容

歯と口の健康づくりネットワーク会議及びむし歯予防推進部会 合同会議

  1. 平成24年度歯科保健事業実施状況について 歯・口の健康づくり指標の推移
  2. 平成25年度の歯科保健対策の進め方について

3歳児カリエスフリー85検討部会 設置 平成25年9月

第1回

  1. 幼児期のむし歯有病状況,むし歯発生のリスク状況
  2. 各政令指定都市における母子歯科保健事業実施状況
  3. 3歳児カリエスフリー85プロジェクト企画(案)

第2回

  1. 仙台市の母子保健事業体系,幼児健康診査手順,指導指針等
  2. 平成24年改正母子健康手帳(歯科関連の主な改正点:フッ化物の利用に関する事項)について
  3. フッ化物による予防処置を実施している医療機関
  4. 幼児期前半の歯科保健課題と保護者の行動変容につながる情報提供や保健指導
  5. 地域の歯科医療機関における取り組みの具体策

第3回

  1. 協力歯科医療機関の取り組みを推進する具体策
  2. 乳幼児の健康づくりを推進する各主体の取り組みの具体策と連携・協力
  3. 3歳児カリエスフリー85プロジェクト骨子案

第4回

  1. 3歳児カリエスフリー85プロジェクトマニュアル(案)
  2. 地域の状況に応じた保健事業(各区・総合支所の取り組み)について
  3. 子どもの健康な歯を守り育てる3歳児カリエスフリー85プロジェクト取り組みの最終案
  4. 今後のタイムスケジュールについて

歯と口の健康づくりネットワーク会議及びむし歯予防推進部会合同会議
3歳児カリエスフリー85プロジェクト検討部会報告

仙台市PTAフェスティバル参加

小中学生とその保護者を対象に、フッ化物洗口体験の実施とパネル展示

歯と口の健康づくりネットワーク会議が,日本公衆衛生協会の「第46回衛生教育奨励賞」を受賞

歯と口の健康づくりマニュアル作成

VI 3歳児カリエスフリー85プロジェクトマニュアル(PDF:7,549KB)

VII フッ化物洗口マニュアル(PDF:8,631KB)

平成26年度

取り組み内容

3歳児カリエスフリー85プロジェクト開始に向けた体制整備

  1. 保健医療・保育関係者が共通認識の下,乳児期の月(年)齢や発達に応じた保健指導や健康教育ができるよう支援のあり方を共有する研修会,事業説明会を開催した。6月6日開催:仙台市保育所連合会主催「乳児保育研修会」
    • 7月11日開催:仙台小児科医会主催「学術講演会」
    • 10月23日,10月29日開催:仙台歯科医師会主催「3歳児カリエスフリー85プロジェクト事業説明会」
    • 8月20日,12月15日開催:関係職員への研修,周知(市立保育所栄養士,新生児訪問指導員等)
  2. 小児科と歯科の連携をはじめ,幅広い地域関係者による継続支援体制をすすめるため,協力歯科医療機関を中心とする推進主体の役割等を確認した。併せて,保護者と関係者が連携して取り組むためのツールとなる「せんだい・でんたるノート」の効果的な活用方法について検討した。 
    • 3歳児カリエスフリー85プロジェクト準備会議:2回開催
    • 「せんだい・でんたるノート」制作庁内ワーキング:7回開催

仙台市PTAフェスティバル参加

  • 小中学生や保護者を対象にフッ化物洗口体験の実施とパネル展示,位相差顕微鏡による歯垢の観察
  • 歯とお口の健康チェック,歯の健康クイズ等を実施

歯と口の健康づくりネットワーク会議及びむし歯予防推進部会合同会議

  1. 第2期いきいき市民健康プラン重点分野「歯・口の健康づくり」の進捗状況と平成27年度の取り組みについて
  2. 3歳児カリエスフリー85プロジェクトの推進に向けた体制整備について

平成27年度

取り組み内容

歯と口の健康づくりネットワーク会議及びむし歯予防推進部会 合同会議

  1. 第2期いきいき市民健康プラン重点分野「歯・口の健康づくり」の進捗状況と今後の取り組みについて
  2. 平成27年度歯と口の健康づくり取り組みの具体策について

 歯と口の健康づくりネットワーク会議 歯周病予防推進部会(5回開催)

  1. 成人歯科健診マニュアル(歯周病検診,20歳のデンタルケア)及びリーフレットの制作について              
  2. 妊婦歯科健診マニュアル及びリーフレットの制作について

  歯と口の健康づくりマニュアル作成

  • VIII. 成人歯科健診マニュアル(歯周病検診・20歳のデンタルケア)

   表紙・第1章~第3章(PDF:1,521KB)

   第4章~第5章(PDF:5,578KB)

   第6章(PDF:3,700KB)

 

歯と口の健康づくりネットワーク会議 むし歯予防推進部会

(1)第2期いきいき市民健康プラン重点分野「歯・口の健康づくり」

  平成27年度のむし歯予防対策の実施状況と今後の取り組みについて

  • 3歳児カリエスフリー85プロジェクト
  • 保育所,幼稚園における歯科保健活動の充実強化
  • 小学校における科学的根拠に基づいたむし歯予防対策の実施

(2)平成28年度の歯科保健活動について

  • 第2期いきいき市民健康プラン 中間評価に向けた各種調査の実施
3歳児カリエスフリー85プロジェクトの推進
  1.  乳児健診登録医療機関と連携し,8-9か月児健診時に食習慣の留意点や歯みがき方法,フッ化物歯面塗布等の記録欄を掲載した「☆せんだい☆でんたるノート」等を配付し,小児科医による保健指導を実施するとともに,かかりつけ歯科医での定期予防管理を受ける習慣の定着を促進(平成27年4月より開始)
  2. 保健医療・保育関係者が共通認識の下,乳児期の月(年)齢や発達に応じた保健指導や健康教育ができるよう支援のあり方を共有する研修会,事業説明会を開催した。

 また,日本外来小児科学会年次集会における教育講演「小児期におけるう蝕予防の重要性(演者:福本教授)」において,プロジェクトの取り組み状況を紹介した。

  •  7月15日開催:仙台市保育所連合会主催「仙台市におけるむし歯ゼロに向けた取組と支援」
  •  11月11日,12月9日開催:仙台歯科医師会主催「エビデンスに基づいたう蝕予防の実際」
  • 各区保健福祉センター主催「幼児健診懇談会」

仙台市PTAフェスティバル(11月8日)参加

  • 小中学生や保護者を対象にフッ化物洗口体験の実施とパネル展示,位相差顕微鏡による歯垢の観察
  • 歯とお口の健康チェック,歯の健康クイズ等を実施

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

健康福祉局健康政策課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8198

ファクス:022-214-4446