現在位置ホーム > くらしの情報 > 住みよい街に > ごみの出し方・減量 > ごみに関する計画・施策・調査 > 取り組み > 製品プラスチックリサイクル実証事業を実施しています

更新日:2021年7月12日

ここから本文です。

製品プラスチックリサイクル実証事業を実施しています

 本市では、プラスチック資源循環を推進するため、これまで家庭ごみとして焼却処理していたプラスチック製のバケツや歯ブラシなどのいわゆる「製品プラスチック」を、お菓子の袋などのプラスチック製容器包装と一括回収・リサイクルする実証事業を実施しています。

背景

プラスチック資源循環の推進

  • 近年、プラスチックごみによる海洋汚染に端を発し、プラスチックごみの減量・リサイクルのさらなる推進が求められています。

現行のリサイクル制度の課題

  • プラスチックのうち、お菓子の袋など容器包装のみが対象で、製品プラスチックは対象外とされており、市民の皆さまにとって分別がわかりづらく、本市においても分別がなかなか進まない要因となっています。
  • 本市の家庭ごみの中には、プラスチック製容器包装が約10%混入しており、約5%の割合で製品プラスチックが含まれています。

製品プラスチックのリサイクル制度の導入

  • 本年6月に成立した「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」(外部サイトへリンク)においては、現在、家庭ごみ等で焼却処理されている製品プラスチックについて、市町村は分別収集及び再商品化に努めるよう規定されています。
  • 同法では、市町村による分別収集を促進するため、製品プラスチックを容器包装と一括回収しリサイクルすることを可能とする新たな制度が盛り込まれています。

プラスチック処理に係る現行制度と新制度の比較

実証事業の概要

目的

  • 本市において製品プラスチックの一括回収・リサイクル制度を導入した場合、収集運搬から再商品化までの各段階における課題やコストを検証します。

令和2年度の実績

  • 令和2年11月に青葉区錦ケ丘において実施し、一括回収前の月に比べて8.4%増となる約7.8トンのプラスチックごみを回収しました。
  • 実施後の住民アンケートでは、約8割の方が「プラスチックごみの捨て方がわかりやすくなった」と回答するとともに、「今後もこうした回収を望む」と回答しています。
  • 一方、排出される製品プラスチックは形状や素材が多岐にわたり、選別に手間がかかることから、全市展開に向けては、製品プラスチックを含む大量のごみを、正確かつ迅速に選別しリサイクルする手法の確立や、コストの抑制が課題となっています。


令和3年度の実証事業について

実施地区及び期間

  • 世帯構成や住居形態が異なる5地区(各区1か所ずつ)を選定しました。
  • 7月~11月の延べ9か月間に拡充して実施します。
令和3年度実証事業の実施地区及び期間
実施地区 期間
青葉区(錦ケ丘) 7月~11月

宮城野区(榴岡)

10月
若林区(なないろの里) 9月
太白区(ひより台) 8月
泉区(桂) 11月

※宮城野区では、一部の集合住宅を対象に実施します。

実施方法

  1. 一括回収
    製品プラスチックを、容器包装とまとめて指定袋に入れ、プラスチック製容器包装の収集日に回収します。
    また、一括回収前後の排出量や内容物を比較するため、実証期間前に事前調査を行います。
  2. 組成調査
    回収した製品プラスチックの品目や素材、その割合等について調査を行います。
    素材分析にあたっては、東北大学大学院環境科学研究科に協力をいただきます。
  3. リサイクル
    小型家電等の不適物を除去後、全量を物流パレット等へリサイクルします。
    全市展開に向け、大量のごみを正確かつ迅速に選別しリサイクルする手法の確立や、コストの抑制について検証を行います。
  4. アンケート
    住民アンケートを実施し、分別のしやすさ、チラシの分かりやすさ、意見・要望等について把握します。

周知広報

実地地区における全世帯へのチラシ配布や、ごみ集積所へポスター【青葉区錦ケ丘の例】(PDF:1,112KB)を掲示します。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

環境局廃棄物企画課

仙台市青葉区二日町6-12二日町第二仮庁舎3階

電話番号:022-214-8230

ファクス:022-214-8840