現在位置ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 市のプロフィール > 姉妹都市等交流 > ウクライナ情勢への対応について

更新日:2022年9月20日

ここから本文です。

ウクライナ情勢への対応について

令和4年9月20日:医療費助成金のページにウクライナ語を追加しました

【український・ウクライナ語】

仙台市内へのウクライナ避難民受入れに関する支援

その他のウクライナ関連支援(募金、ウクライナ本国に対する支援など)

仙台市内へのウクライナ避難民受入れに関する支援

記者発表資料等

日本語および外国語による相談・情報提供

住居の提供

生活支援金

医療費助成金

心のケア

記者発表資料等

【記者発表】ウクライナから仙台市へ避難された方への支援を拡充します(令和4年5月25日)

このたび、避難民の方々への支援内容を拡充し、生活支援金の給付や医療費の助成、一時滞在先のホテルの提供を行うこととします。具体的な申請手続き等は、決定次第順次本ページに掲載いたします。

【担当】文化観光局交流企画課

【電話】022-214-1252

【詳細】ウクライナから仙台市へ避難された方への支援を拡充します(記者発表資料)(PDF:199KB)

日本語および外国語による相談・情報提供

仙台多文化共生センター(運営:公益財団法人仙台観光国際協会)において、ウクライナから避難された方々の受け入れに関する相談対応や情報提供を行っています。

必要な支援につなげてまいりますので、受け入れの検討をされている方や受け入れを行った方は、仙台多文化共生センターまでご連絡ください。

仙台多文化共生センター

【電話】022-224-1919(外国語対応可)

【メール】tabunka@sentia-sendai.jp

【時間】毎日午前9時00分から午後5時00分まで(年末年始、仙台国際センター休館日を除く)

【住所】仙台市青葉区青葉山無番地 仙台国際センター会議棟1階

【詳細】ウクライナ避難民の受け入れ・生活相談(外部サイトへリンク)

住居の提供

ウクライナから避難された方々に対し、市営住宅(最大10戸程度)を提供できるよう準備しています。受け入れ体制が整い次第、改めてお知らせします。

【担当】都市整備局市営住宅管理課

【電話】022-214-8331

生活支援金

仙台市に避難されたウクライナ避難民の方々の当面の生活を支援するため、生活支援金を給付します。

詳しい案内は、以下のページをご覧ください。

仙台市ウクライナ避難民に対する生活支援金について

医療費助成金

仙台市に避難されたウクライナ避難民の方々が、医療機関等で公的医療保険が適用される診察等を受けた際、医療費の自己負担分を助成します。

詳しい案内は、以下のページをご覧ください。

仙台市ウクライナ避難民に対する医療費助成金について

心のケア

仙台市に避難されたウクライナ避難民の方々、およびそのご家族への心のケアによる支援を行います。

【担当】健康福祉局精神保健福祉総合センター

【時間】平日午前8時30分から午後5時00分まで(年末年始を除く)

【電話】022-265-2191(予約制)

日本語がわからない人は、仙台多文化共生センターに連絡してください。

電話:022-224-1919(午前9時から午後5時まで)

E-mail:tabunka@sentia-sendai.jp

その他のウクライナ関連支援

ウクライナ人道危機救援金

ロシアによるウクライナ侵攻により、ウクライナ国内で被害に遭われている方々への救援や、ウクライナからの避難民を受け入れる周辺国での救援活動を支援するため、令和4年3月16日(水曜日)から市役所、各区役所および社会福祉協議会、【青葉区中央市民センターの計14か所】に募金箱を設置しています。
皆さまからご協力いただいた募金は、日本赤十字社を通じてウクライナ等現地での支援に役立てられます。【令和4年8月19日現在、合計9,096,821円の募金をいただいております。
皆様のご協力ありがとうございます。】

【担当】健康福祉局社会課

【電話】022-214-8158

【詳細】「ウクライナ人道危機救援金」募金箱の設置期間延長および中間集計結果について

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

文化観光局交流企画課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4階

電話番号:022-214-1252

ファクス:022-211-1917