現在位置
トップページ>
くらしの安全・安心>
食品・生活衛生>
食品の監視・統計・検査情報>
流通食品の放射性物質検査について

くらしの安全・安心

流通食品の放射性物質検査について

国が指定した17都県から出荷される農水産物については、各自治体が出荷前の放射性物質検査により安全性を確認し、基準値を超過した食品が流通しないように管理しています。生産地の検査に加え、さらに仙台市内に流通している農水産物の放射性セシウムの検査を行うことにより、農水産物のより一層の安全性を確保します。

記者発表資料(平成24年1月24日)

 

中央卸売市場へ入荷した農水産物等の検査

 1.検査対象品目

国が指定した17都県から出荷され当市場に入荷される生鮮農水産物等を月に15検体程度検査します。

*17都県は、青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、新潟県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県、長野県

 2.放射性セシウムの検査方法

○水産物の検査方法

1)一次(簡易)検査(検査機関:仙台市食品監視センター)

簡易測定器であるヨウ化ナトリウム(NaI)シンチレーション検出器を用いて行う検査です。この検査法の測定下限値は、25ベクレル(Bq/kg)です。

2)二次(精密)検査(検査機関:仙台市衛生研究所)

一次検査で測定下限値以上となった場合、ゲルマニウム(Ge)半導体検出器を用いた精密検査で結果を確定します。この検査法の検出下限値は、20ベクレル(Bq/kg)です。

○農産物の検査方法(検査機関:仙台市衛生研究所)

ゲルマニウム(Ge)半導体検出器を用いた検査を行います。この検査法の検出下限値は、20ベクレル(Bq/kg)です。


市場外流通食品の放射性物質検査

17都県から出荷され中央卸売市場を経由せずに各区の量販店等へ入荷した農産物等を中心として保健所等が定期的にサンプリングし、衛生研究所でゲルマニウム(Ge)半導体検出器を用いた検査を行います。

 

流通食品の放射性物質検査結果について(平成28年9月23日現在)

検査結果につきましては、以下の添付ファイルをご覧ください。

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、ダウンロードしてください。

このページのトップへ戻る