現在位置 ホーム > 宮城野区トップページ > 宮城野区の魅力 > 宮城野の音(すずむしの里づくり)

宮城野区

更新日:2018年9月19日

ここから本文です。

宮城野の音(すずむしの里づくり)

宮城野の音

古来は宮城野原に自生し、歌にも多く詠まれている「スズムシ」。現在は自然の中でその姿を見つけることが難しくなっています。

宮城野区では、スズムシを飼育し普及させることにより、歴史的・文化的遺産と杜の都の自然を保持・継承していくことを目的として、平成2(1990)年度から「すずむしの里づくり」に取り組んできました。

現在も「すずむしの里づくり実行委員会」の皆さんが、岩切市民センターを拠点に、スズムシの飼育・配布、小学校への出前授業、自然ふ化を目指した放虫事業、展示・広報活動などを展開しています。

平成8(1996)年2月には、スズムシを愛する人の輪が広がってほしいとの期待をこめ、″文化と科学“を切り口に、音の原風景をまとめた冊子『宮城野の音』を発行しています。ぜひご覧ください。

[参考]スズムシは、昭和46年、市民投票により「市の虫」として決定されています。

 

宮城野の音表紙

 

表紙(PDF:1,882KB)

目次(PDF:873KB)

裏表紙(PDF:1,231KB)

内容

宮城野の音(すずむしの里づくり)に関するお問い合わせ先

すずむしの里づくり実行委員会事務局(岩切市民センター)

電話番号:022-255-7728

ファクス番号:022-255-2075

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

宮城野区中央市民センター 

仙台市宮城野区五輪2-12-70

電話番号:022-292-3125

ファクス:022-295-2337