更新日:2021年12月24日

ここから本文です。

津波避難広報ドローン事業

概要

仙台市では、東日本大震災における津波避難広報中の市職員の殉職や、既にある避難広報手段の多重化・補完の必要性を踏まえ、津波避難広報ドローンの導入を進めています。

津波警報等の発表とともに、スピーカー等を搭載したドローンが飛び立ち、あらかじめ定めたルートにおいて、自動運航による避難広報を行うもので、全て人の手を介さずに自動で行います。

これらは、「自動運航のドローンにより津波避難広報を行うこと」及び「専用のLTE通信網でドローンの制御等を行うこと」の2点において世界初の事例であり、実現により、東部沿岸部の来訪者に対する効果的な津波避難広報体制の確立が期待されます。

 

運用イメージ飛行ルート

 

これまでの取り組み

平成28年11月 第1回実証実験(避難広報用に高性能スピーカーを搭載した初めての飛行)

        第1回実証実験の様子1 第1回実証実験の様子2

平成30年3月 第2回実証実験(Jアラートを契機とした自動発進、目視外による飛行)

        第2回実証実験の様子1 第2回実証実験の様子2

平成30年8月 内閣府「未来技術社会実装事業」に採択

平成31年3月 第3回実証実験(複数機体による同時飛行)

        第3回実証実験の様子2 第3回実証実験の様子1

令和元年8月 地方創生推進交付金対象事業に認定

令和元年11月 第4回実証実験(機体の制御等に専用のLTE通信網を使用)

        第4回実証実験の様子1 第4回実証実験の様子2

令和2年3月 「仙台市津波避難広報ドローン基本計画」の策定

令和3年3月 整備に係る業務委託契約を締結

 

整備状況

令和3年9月 専用のLTE通信網に係る基地局等の設置完了

        工事の様子 基地局

令和3年10月 専用のLTE通信網構築に係る無線局免許を取得

令和3年11月 専用のLTE通信の電波発射開始

 

※ドローン本体や格納基地局等については、コロナ禍による世界的なサプライチェーンの混乱や半導体不足により、供給が遅れていることから、納品され次第設置する予定

お問い合わせ

危機管理局危機対策課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-3049

ファクス:022-214-8096