更新日:2016年10月20日

ここから本文です。

消費生活基本計画

本市では、消費生活に関する施策を総合的かつ計画的に推進するために「仙台市消費生活基本計画」を策定し実施しています。このたび、平成28年度から平成32年度を計画期間とする基本計画(「消費者教育推進計画」を含む)を策定しました。基本計画の実施状況については、毎年、検証・評価の上、公表することとしています。

基本計画の目標

市民協働により
「消費者が安全に安心して暮らせる社会」
「消費者市民社会」
を目指します。

計画の概要

第1章 計画の策定について

  1. 策定の趣旨
  2. 計画の根拠法令等
  3. 計画の構成
  4. 計画の期間

2章 消費生活を取り巻く社会の現状

  1. 消費者をめぐる状況
  2. 消費者トラブルの複雑・多様化
  3. 消費生活相談の状況

第3章 消費者市民社会を目指して

  1. 「消費者市民社会」とは
  2. 連携による消費者教育・啓発の推進

第4章 計画推進のための施策

重要課題1.消費生活の安全・安心の確保

  • (1)商品・サービスの安全の確保
  • (2)生活関連商品の安定供給及び適正な表示・計量の推進
  • (3)事業者に対する指導等
  • (4)関係機関との連携の強化
  • (5)個人情報保護施策の推進
  • (6)大地震等の災害時及び緊急時における対応

重要課題2.消費者市民社会を目指す消費者教育・啓発の推進

  • (1)学校における消費者教育の内容及び機会の充実
  • (2)学校以外の場における消費者教育の内容及び機会の充実
  • (3)持続可能な社会づくりのためのライフスタイルの推進
  • (4)関係機関との連携の強化

重要課題3.消費者被害の防止及び救済

  • (1)消費者被害の未然防止・拡大防止
  • (2)消費者被害の救済
  • (3)消費生活相談の充実
  • (4)関係機関等との連携の強化

重要課題4.高齢者等特に支援を要する消費者への対応

  • (1)高齢者等に対する支援
  • (2)高齢者等の自立した消費生活への支援
  • (3)関係機関との連携の強化

重要課題5.多様な主体の連携の推進

  • (1)情報の共有・情報発信力の強化
  • (2)多様な主体への支援と連携の強化
  • (3)各主体の連携促進

第5章 計画の推進に向けて

  1. 計画の進行管理
  2. 関係部局との連携
  3. 情報の発信と収集

策定の経過


添付ファイル

関連リンク

消費生活基本計画(平成23-27年度)の実施状況

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

市民局消費生活センター

仙台市青葉区一番町4-11-1 141ビル(三越定禅寺通り館)5階

電話番号:022-268-7040

ファクス:022-268-8309