更新日:2017年9月28日

ここから本文です。

レジオネラ症対策について

レジオネラ症とは

原因は

レジオネラ属菌は、もともと土壌や水環境に広く生息している菌です。

レジオネラ属菌が人工的な水循環設備(循環式浴槽、ジャグジー、加湿器、冷却塔水)中で繁殖しこれらから発生するレジオネラ属菌を含むエアロゾルを吸い込むことなどにより感染します。

ヒトからヒトには感染しません。

免疫機能が低い高齢者、新生児や大酒家、喫煙者、透析患者、糖尿病患者がハイリスクグループと言われています。

症状は

突然の発熱、悪寒、筋肉痛で始まり、一過性で治癒するポンティアック熱(潜伏期1~2日)と

全身性倦怠感、頭痛、食欲不振、筋肉痛などの症状に始まり、咳嗽、38℃以上の高熱、悪寒、胸痛、呼吸困難となるレジオネラ肺炎(潜伏期2~10日)があります。

レジオネラ肺炎は、臨床症状では一般の肺炎との区別は困難ですが、尿中抗原検査による診断が一般的になってきました。

レジオネラ属菌
0.3〜0.9×2〜5μmの細長い菌
これまでに50菌種以上が報告されている

国内の主な発生事例

国内の主な発生事例一覧

年月

発生施設

発生状況

原因施設

平成14年7月

宮崎県内の温泉入浴施設

295名発症(確定34名)、7名死亡

入浴施設

平成14年8月

鹿児島県内の温泉施設

確定患者9名、1名死亡

入浴施設

平成15年1月

大型客船

3名発症

浴場

平成18年12月

東京都内の介護老人保健施設

1名死亡

入浴施設

平成19年10月

新潟県内の自宅

1名死亡

超音波加湿器

平成20年2月

鹿児島県内の足湯施設

1名発症

足湯

平成20年3月

群馬県内の入浴施設

1名発症

入浴施設

平成23年10月

群馬県内の旅館

1名死亡

入浴施設

平成24年11月

埼玉県内の温泉施設

4名発症

入浴施設

平成25年2月

千葉県内の入浴施設

1名死亡

入浴施設

平成26年5月

埼玉県内の入浴施設

1名死亡

入浴施設

平成26年8月

静岡県内の入浴施設

7名発症

入浴施設

平成27年5月 岩手県内の入浴施設 1名死亡 入浴施設
平成29年3月 広島県内の入浴施設 1名死亡 入浴施設

こんなところに注意しましょう

家庭では

  • 24時間風呂

殺菌装置のある機器を選定しましょう。取扱説明書に従い、ろ過器の管理を行い、浴槽水も定期的に交換しましょう。気泡発生装置は使わないようにしましょう。

  • 加湿器

特に超音波式の加湿器では、こまめに水を交換するとともに、容器の清掃を行いましょう。

 

  • その他

園芸用の土からの感染事例も報告されています。
粉じんの発生する腐葉土の取り扱い時には、吸い込まないようマスクを着用しましょう。

 

浴場施設では

  • 循環ろ過系統の洗浄・消毒の徹底

ろ過器や循環配管に汚れがたまると、レジオネラ属菌が増殖しやすい環境になってしまいます。ろ過器の種類に応じて、定期的に逆洗浄やろ過材の交換を行い、最低でも週1回以上、循環ろ過系統に高濃度の塩素系消毒剤などを循環させてしっかり消毒し、さらに浴槽水を完全に抜き、しっかり洗浄してください。

  • 浴槽水遊離残留塩素濃度の適正維持

レジオネラ属菌の増殖防止には、塩素系消毒剤が有効です。浴槽水の遊離残留塩素濃度はこまめに測定し、0.2~1.0mg/Lに保ってください。(0.2~0.4mg/Lが望ましい。)

  • 気泡発生装置の使用には要注意

ジャグジーなどの気泡発生装置は、細かいしぶき(エアロゾル)を発生させるため、レジオネラ属菌が肺に入り込みやすくなってしまいます。装置の中に土ぼこりが入らないよう、空気取入口は外部に設けないようにし、取入口にはフィルターを設置してください。また、連日使用型循環式浴槽では、気泡発生装置の使用は避けてください。

※シャワーでもエアロゾルが発生します。シャワーヘッドを定期的に洗浄、消毒するなどの管理も重要です。 

湯水の水質基準(仙台市条例、規則)

湯水の水質基準一覧
項目\湯水の種類 浴槽水 原水、原湯、
上り用水、上り用湯
色度 - 5度以下
濁度 5度以下 2度以下
水素イオン濃度 - 5.8~8.6
有機物等(過マンガン酸カリウム消費量) 25mg/l以下 10mg/l以下
大腸菌群 1個/ml以下 50ml中に検出されないこと
レジオネラ属菌 検出されないこと 検出されないこと
検査回数 年1回以上
連日使用型循環浴槽の浴槽水は、年2回以上
塩素系薬剤を使用していない浴槽水は、年4回以上
  • 温泉旅館、公衆浴場

一般に大浴場は、循環型がほとんどです。浴槽の湯をろ過器を通して、きれいにしながら使用しています。レジオネラ属菌が増えないように塩素消毒をしています。定期的にろ過器、配管の消毒、洗浄を行っています。

また、定期的に水質検査を実施して、安全を確認しています。入浴する方は、レジオネラ属菌を浴槽に持ち込まないように、身体を良く洗ってから浴槽に入りましょう。

  • レジオネラ症防止対策のための衛生管理手引書を作成しましょう

旅館業及び公衆浴場について、施設の適正な衛生管理のため、本市条例で衛生管理手引書及び点検表の作成を義務付けています。

レジオネラ症は重篤な場合、死に至る感染症です。施設が感染源となった場合は、営業継続が困難になりかねないなど、経営上のリスクとしても重要です。   

そこで本市では入浴施設の衛生管理において大変重要なレジオネラ症防止対策に絞って、適切な手引書と点検表を作成できるよう解説した「入浴施設におけるレジオネラ症防止のための衛生管理手引書作成の手引き~レジオネラ症を未然に防止しましょう~」を作成しております(下記のリンク参照)。

入浴施設ごとに、構造設備は様々ですので、手引きを参考に、それぞれの施設にあった衛生管理手引書を作成しましょう。

 

入浴施設におけるレジオネラ症防止のための衛生管理手引書作成の手引き

表表紙(PDF:29KB)

手引き(PDF:1,547KB)

裏表紙(PDF:15KB)

回収槽(PDF:200KB)

特定建築物では

  • 冷却塔

冷却塔は、冷房や冷蔵庫に必要な冷水を造るための、屋上などにある機械です。水と空気を接触させて、熱を逃がすため、水滴が大量に発生します。定期的に清掃、水の交換を行い、薬品を添加するなど、レジオネラ属菌の増殖を抑えています。あまり近づかないようにしましょう。

  • 給湯

蛇口のお湯の温度を55℃以上に管理し、レジオネラ属菌が増殖しないようにしています。お湯を使うときは、やけどに注意しましょう。

ビルの管理者の方へ

建築物の維持管理については、第3版レジオネラ症防止指針(財団法人ビル管理教育センター(現:公益財団法人日本建築衛生管理教育センター)発行)を参考に管理してください。

冷却塔

冷却塔は、冷却水の温度がレジオネラ属菌の増殖に適しているとともに、水と空気を接触させて熱を逃がすため、エアロゾルが飛散しやすく、最も注意が必要です。窓や空気取入口などが近い場合は、設置場所の変更や遮蔽などの対策が必要です。念のため、清掃作業する場合は、マスクをしましょう。

《維持管理の注意点》

  • 冷却水には、水道水を使いましょう。
  • 使用開始前後には、薬品を使い化学的洗浄を行い、配管内まで消毒、洗浄しましょう。
  • 毎月1回、物理的洗浄を行いましょう。
  • 使用期間中は、レジオネラ属菌の殺菌剤を添加しましょう。
  • 冷却水が濃縮しないよう、適宜、ブローしましょう。

加湿装置

加湿装置には、水道水を使いましょう。

空調機に組み込まれた加湿器のドレンパン(排水受け)を定期的に点検・清掃を行いましょう。

中央式給湯設備

湯を循環させる中央式給湯設備においては、貯湯槽内の湯温を60℃以上に、給湯栓末端でも55℃以上に保ちましょう。

定期的に、貯湯槽、配管、シャワーヘッドなどを清掃しましょう。

レジオネラ症と疑われる患者が発生したとき

早期に診断されれば適切な治療が可能です。人から人に感染することはありませんが、複数の患者が発生している可能性があります。同じ施設を利用した方で倦怠感、発熱など心配される症状がある方は、早急に診断を受けてください。

施設側は、原因と考えられる設備の使用を中止し、現状を保持したまま、速やかに所轄の保健福祉センターに連絡してください。原因を究明するため、指示があるまで、特に、消毒などの措置は行わないでください。

レジオネラ属菌の水質検査機関

市内の主なレジオネラ属菌の水質検査機関は下記のとおりです。また、他にも水質検査機関があります。

他の機関が提供している情報

ご相談について

お住まいの区の区役所衛生課に直接ご相談ください。(お問い合わせ先は下記のとおり。)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

青葉区役所衛生課

仙台市青葉区上杉1-5-1 青葉区役所6階

電話番号:022-225-7211

(内線6727~6729)

ファクス:022-227-7829

宮城野区役所衛生課

仙台市宮城野区五輪2-12-35 宮城野区役所2階

電話番号:022-291-2111

(内線6724~6726)

ファクス:022-291-0141

若林区役所衛生課

仙台市若林区保春院前丁3-1 若林区役所2階

電話番号:022-282-1111

(内線6724~6725)

ファクス:022-282-1144

太白区役所衛生課

仙台市太白区長町南3-1-15 太白区役所2階

電話番号:022-247-1111

(内線6724~6726)

ファクス:022-247-1333

泉区役所衛生課

仙台市泉区泉中央2-1-1 泉区役所東庁舎4階

電話番号:022-372-3111

(内線6724~6726)

ファクス:022-372-3522

健康福祉局生活衛生課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8206

ファクス:022-211-1915

※お住まいの区の区役所衛生課に直接ご相談ください。