更新日:2021年6月2日

ここから本文です。

勾当台・定禅寺通エリアビジョンを策定しました(質疑応答)

令和3年6月1日

質疑応答の内容

Q1

エリアビジョンなのですが、本庁舎の建て替えだとか勾当台公園の再整備だとかいろいろ各種それぞれに検討会があったりだとか、それぞれの計画が昨年度できたり、昨年度には基本計画も策定されたと思うのですけれども、今回のエリアビジョンというのはそれらの計画というものとの関係性というか位置付けというのはどういったものになるのでしょうか。

A1

今後建て替えが見込まれる公共施設もございます。それから都心にある市有地も集積しているところでしてこれを開発に向けてどのようにしていくべきなのかあるいは市民の皆さま方が使いやすいものにしていくためにどうすべきなのか。やはりしっかりとしたエリアの魅力を高める上でのビジョンは必要であろうと思っておりまして作らせていただいたものです。また他のところについてもいろいろなプランがありますけれども、それもあわせて本市全体の魅力を高めるためのものであると考えています。

 

Q2

こちらのエリアビジョンで各公共施設の活用方法とかも書き込まれていると思うのですが、市として懸案事項になっている音楽ホールの整備があると思うのですけれども、音楽ホールというのはこのエリアに含まれるのでしょうか。それともこのエリアではないということなのでしょうか。

A2

県民会館それから市民会館もこの定禅寺通、勾当台エリアの中に含まれるところでして、これについては老朽化が進んでいて、これから移転をしたり建て替え、あるいはどうするかというような議論になるわけです。こうした状況の中で先ほどお話のあった音楽ホールはどうするのかということですけれども、これはいろいろ議会の中でも県民会館が移動するところにどうだというご意見もあったかと思います。面積的にどうなのかということ、これはちょっと厳しい状況でもございまして、そちらについてはいろいろ別途検討しているところでございます。