更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

NHK仙台放送局からレコード2万4千枚が寄贈されます(資料)

(担当)企画市民局文化振興課
(電話)022-214-6156

昭和30年代から昭和50年代にかけて、NHK仙台放送局で番組制作の際の音楽資料として使用されていたアナログレコード約24,000枚が仙台市に寄贈されることになりました。

音楽媒体のデジタル化が進み、使用することが少なくなったレコードについて、放送受信料の社会還元を図るとともに、仙台市民の音楽文化の向上のために役立てていただきたいとのNHK仙台放送局のご厚志により寄贈の運びとなったものです。

1 寄贈されるレコードの概要等

  • (1)アナログレコード盤
    ポップス系(和・洋)約15,000枚(うちSP盤約4,000枚)
    クラシック、ジャズ系他 約9,000枚 計約24,000枚
    【状態】保存・管理状態良好
  • (2)収蔵場所
    仙台市青年文化センター地下1階 レコード保管庫

2 今後の活用方法

公の施設・市役所ギャラリーホールでのジャケット展やミニコンサートの開催などにより、市民の音楽文化の向上を図ります。(11月12日より、青年文化センターギャラリー企画展「Nostalgic クラシック編-レコードジャケット展」を開催予定)

3 NHK収蔵レコード寄贈式

  • (1)日時 平成21年10月14日(水曜日)14時~
  • (2)場所 NHK仙台放送局3階会議室
  • (3)出席者 NHK仙台放送局長、仙台市長ほか

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921