現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 過去の市長記者会見 > 市長記者会見 2010年度(平成22年度) > 10月 > 「港湾を考える全国集会」で意見発表します(発表内容)

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

「港湾を考える全国集会」で意見発表します(発表内容)

明後日10月21日(木曜日)に東京で開催される平成22年度「港湾を考える全国集会」に私が出席し、東北地区を代表して意見を発表してまいりますので、お知らせいたします。

仙台塩釜港は、東北唯一の特定重要港湾であり、本市のみならず、東北全体の国際物流拠点でございます。

今年3月には仙台都市圏の環状道路網「ぐるっ都・仙台」が完成し、アクセスが強化されたことに加え、セントラル自動車の操業も控えており、今後は取扱量の増大と自動車関連の物流拠点の形成が期待されるところでございます。

しかしながら、現状では、船舶の大型化や物流需要の増加への対応が遅れており、高松埠頭の新岸壁の整備のほか、雷神埠頭の耐震化の改良も必要となっております。

本市といたしましては、これまでも国に対して仙台塩釜港の整備推進を要望してまいったところですが、このような機会を通じて整備の必要性を強くアピールいたしまして、東北全体の産業経済発展の拠点に相応しい港の実現に努力してまいりたいと考えているところでございます。

なお、集会終了後には、石巻市長さん、塩竈市長さんと共に、宮城県選出の国会議員の皆さんに対して要望活動を行う予定としております。

仙台市長 奥山 恵美子

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921