現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 過去の市長記者会見 > 市長記者会見 2011年度(平成23年度) > 4月 > 応急仮設住宅の提供について―プレハブ住宅の追加建設―(発表内容)

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

応急仮設住宅の提供について―プレハブ住宅の追加建設―(発表内容)

応急仮設住宅につきましては、昨日、第1次募集を締め切ったところでございますが、この間、津波被害を受けた皆様方からは、従前の住居により近い場所へのプレハブ建設のご要望を多くいただいたところでございます。

これを踏まえまして、仙台市といたしましては、プレハブ建設の目標を従前の1,000戸から2,500戸へ改めることといたまして、現時点での建設見通しについてとりまとめましたので、お知らせをいたします。

まず、現在、宮城県に具体的に要望しているものといたしましては、宮城野区の「鶴巻一丁目東公園」をはじめとする4つの公園と、若林区の「ニッペリア多目的広場」がございまして、200戸程度の建設を予定してございます。

さらに、5月着工を目標に近く要望する候補地といたしまして、宮城野区の「扇町一丁目グラウンド」、若林区の「仙台東高校グラウンド」などがございまして、500戸程度を建設したいと考えております。

これら700戸と、今月末にも本市に引き渡される予定でございます「あすと長町第38街区」233戸、着工が決まっている「仙台港背後地6号公園」102戸、「荒井土地区画整理事業地内の小学校用地」200戸、これらをあわせますと、1,200戸を超えるプレハブ住宅建設の見通しが立ったことになるものでございます。

今後とも、プレハブ住宅のさらなる確保に向けまして、「ニッペリア」や「あすと長町」等への追加建設なども含め、宮城県と連携を図りながら、精力的に作業を進めてまいりたいと考えております。

仙台市長 奥山 恵美子

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921