更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

せんだい演劇工房10-BOX別館「能-BOX」が開館します(発表資料)

(担当)市民局文化振興課
(直通)022-214-6138

若林区卸町に整備を進めていた「せんだい演劇工房10-BOX別館『能-BOX』」が、平成23年8月25日に開館します。

当施設は、協同組合仙台卸商センターが所有する「イベント倉庫きよみず」を改修のうえ、個人から寄贈された能舞台を移築したもので、市民が能楽その他文化芸術の創造・交流・発表等を行うための施設として、近隣に所在する「せんだい演劇工房10-BOX」とともに、財団法人仙台市市民文化事業団が一体的に管理運営を行います。

1.施設概要

(1)施設名

能-BOX(せんだい演劇工房10-BOX別館)

(2)所在地

若林区卸町2丁目15-6

(3)構造

鉄骨造、平屋、床面積258.56平方メートル(定員数:100名)

(4)総事業費

61,921千円

(5)管理運営

財団法人 仙台市市民文化事業団

(6)一般利用開始日

8月26日(金曜日)

(7)利用料金

  • 午前(9~13時):4,300円
  • 午後(13~17時):4,300円
  • 夜間(17~22時):5,400円

※空調・附帯設備使用料別途

2.利用申し込み方法等

8月1日~10日に利用申込を受付けます。

3.整備の経過

  • 平成22年1月 能舞台の寄贈
  • 平成22年11月 整備基本計画策定
  • 平成22年12月 改修工事着工
  • 平成23年5月 改修工事竣工

4.報道機関向け内覧会について

7月20日(水曜日)午前10時から、内覧会を開催いたしますので、直接会場へお越しください。

5.開館式について

8月25日(木曜)午後2時から開館式を実施します。

(協)仙台卸商センター、仙台能楽振興協会、(財)仙台市市民文化事業団の役員等、関係者や施設整備にご協力いただいた方々をお招きし、整備経過等の報告、当施設にゆかりの深い観世流能楽師津村禮次郎師による舞などを行います。

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921