現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 過去の市長記者会見 > 市長記者会見 2012年度(平成24年度) > 2月 > 杜の都 防災力向上マンション認定制度を創設します-分譲マンション防災マニュアル作成の手引を作成-(発表内容)

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

杜の都 防災力向上マンション認定制度を創設します-分譲マンション防災マニュアル作成の手引を作成-(発表内容)

仙台市では、マンションの防災力向上を図るため、新年度から「杜の都 防災力向上マンション認定制度」を創設することとしましたので、お知らせいたします。

東日本大震災では、マンションについては、建物の耐震化が進んだことにより、一定の効果が見られたところですが、玄関ドアが開かなくなったり、ライフラインが止まったことで水や食料の調達・運搬に苦慮したりといった、高層建物に特有の課題も明らかになったところです。

一方、居住されている皆さまの支え合いによって、非常時の不便な生活を乗り切った事例も報告されており、今後は、マンション管理組合による自主的な防災活動の取り組み強化が求められるところでございます。

そこで、仙台市では、それぞれのマンションの防災力を市が独自に評価し、認定する「杜の都 防災力向上マンション認定制度」を創設することとしたものでございます。

この制度では、「建物性能」と「防災活動」というハード・ソフトの両面から防災力を評価し、最大4つの星の数で認定してまいります。

特に、防災活動については、マンション管理組合による防災活動のルールをまとめた「防災マニュアル」づくりが大きな効果を発揮すると考えており、この部分を重点的に支援し、評価することとしました。

お手元の「分譲マンション防災マニュアル作成の手引き」は、そうしたマンションの防災活動を支援するために作成したものでございます。内容は、イラストや写真を用いて、作成手順に沿った分かりやすい構成となるよう努めたほか、大きな特徴としては、震災の体験に基づいた成功・失敗の事例、例えば安否確認や避難誘導などマンション特有の課題を盛り込んでいるところです。

今後は、この手引書を基に、マンション関係団体等とも連携し、防災マニュアル作成体験会を開催するなどいたしまして、より多くのマンション管理組合が積極的にこの認定制度に取り組んでいだだけるよう、4月からの制度開始に向けて準備を進めてまいりたいと考えております。

仙台市長 奥山 恵美子

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921