更新日:2019年7月23日

ここから本文です。

自動車環境負荷低減のための市役所の率先行動

次世代自動車等の率先導入

仙台市では、自らの事務事業における自動車環境負荷低減と次世代自動車の普及促進のため、「仙台市次世代自動車導入方針」を定め、環境に優しい次世代自動車等を公用車に率先して導入しています。(方針はページ下部のPDFファイルをご参照ください。)
「次世代自動車等」とは電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド自動車(PHV)・ハイブリッド自動車(HV)・天然ガス自動車(CNG)・クリーンディーゼル車といった「次世代自動車」及びガソリン車の中でも「低燃費・低公害車」をさします。

平成30年度末現在、公用車全体の44.3%まで次世代自動車等の導入が進んでいます。(グラフ参照)

平成30年度末の公用車台数の内訳です。公用車の44.3パーセントが次世代自動車等となっています。

 

 

※低公害型車両とは、ディーゼル微粒子除去装置装着車、アイドリング・ストップ機能搭載車などの環境負荷低減対策を施した車両のことです。

平成30年度末現在「次世代自動車等」のうち、EV・PHVは52台あり、これらは宮城県の市町村支援事業である「みやぎ環境交付金」を使って導入しています。(導入先はページ下部のPDFファイルをご参照ください。)
導入した次世代自動車は、電気自動車啓発ロゴマーク「でんでんくん」のラッピングを施しています。公用車として日常業務に使用することで、次世代自動車の普及啓発を行うことを目的としています。

またEVは、環境負荷低減だけではなく、ガソリンを給油しなくても走れることから災害時の移動手段として有用であるほか、非常時の電力供給源としての利用も可能です。

電力供給源の例

給油のいらないEVを模した図です

給油不要。コンセントから充電します。

EVからの給電を模した図です

電力供給源として利用できます。

次世代自動車等啓発ロゴマークの紹介

次世代自動車等啓発ロゴマークのでんでんくん

次世代自動車等啓発ロゴマークのでんでんくんです。

電気自動車やプラグインハイブリッド自動車にラッピングしています。

率先導入しているEV・PHVの紹介

市役所・各区役所などで使用する共用車のほか、道路パトロールカー、清掃パトロールカーなどにもEV・PHVを導入しています。(導入先はページ下部のPDFファイルご参照ください。)

道路パトロールカーの写真です

道路パトロールカー(アウトランダーPHEV)

清掃パトロールカーの写真です

清掃パトロールカー(リーフ)

アイミーブの写真です

共用車(iMiEV)

ミニキャブミーブの写真です

共用車(ミニキャブミーブ)

リーフの写真です

共用車(リーフ)

アウトランダーPHEVの写真です

共用車(アウトランダーPHEV)

次世代自動車率先導入以外の自動車環境負荷低減活動

仙台市では公用車に次世代自動車を率先導入する以外にも

  • 公用車の共用化により公用車の台数の削減を進める
  • 自転車や公共交通機関の利用により公用車の利用を抑制する
  • 公用車を利用する際にはアイドリング・ストップやふんわりアクセル等のエコドライブの実践する

など、自動車環境負荷低減に努めています。

関連ダウンロード

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

環境局環境対策課

仙台市青葉区二日町6-12二日町第二仮庁舎5階

電話番号:022-214-8222

ファクス:022-214-0580