現在位置 ホーム > 若林区トップページ > 市民と共に創る新しい区役所 > 若林区公共空間利活用 WAK photo(agri)

若林区

更新日:2019年11月25日

ここから本文です。

若林区公共空間利活用 WAK photo(agri)

区役所のスペースを新たな発想で利活用しています

区役所には多くの方々が訪れます。その区役所の貴重な空間(スペース)の使い方を、区民の方々と一緒になって考える取り組みを行っています。

 

南小泉児童館・のびすく若林との取り組み

若林区役所には、多くの子どもたちが集まる施設(のびすく若林・南小泉児童館)が隣接しており、加えて、七郷堀や多くの樹木から構成されるふるさと広場など、他の区にはない「集える」「人とつながる」空間があります。現在、のびすく若林・南小泉児童館の前の空間を使って、新たな魅力ある空間を再構成する取り組みを、児童・生徒・保護者の方々と協働して行っています。


土づくりの作業中の写真
宮城県造園業協会若林支部の協力による土づくりの作業風景

植物を植える子どもたちの写真 植物を植える作業中の子どもたちの写真 
どこに何を植えるかを子どもたちが自主的に考え、実践しています

 

南小泉児童館児童とのクッキング

児童館前の小さなスペースを活かして児童と区役所職員が協働で育てたキャベツ・ニラを収穫し、餃子作りを行いました。児童は、講師役の職員から餃子の作り方を教わり、自分たちで育てた野菜の調理から試食までを実際に体験することで、作物の成長過程や皆で協力し合う楽しさなどを学びました。
参加した児童からは、「今日習ったことを自宅で親にやって見せたい」「こんな小さな畑からたくさんの餃子が作れる(のはすごい)」「お休みの日に作ってみたい」などの感想が寄せられました。

 

日時:令和元年9月25日(水曜日)15時から16時30分まで

場所:若林区中央市民センター別棟調理室

 

職員に教わりながら餃子を作っている児童たち  餃子を作る児童たち  協力し合う児童たちの様子 職員に教わりながら餃子を作ります    児童が自らやってみます    互いに教え合うことを経験します

手洗いを行う児童たち  餃子作りについての質疑応答の様子  余った餃子の具で作ったお団子              みんなでしっかり手洗いをします   児童から沢山の感想を頂きました   余った具はお団子にしました

お問い合わせ

若林区役所総務課

仙台市若林区保春院前丁3-1 若林区役所4階

電話番号:022-282-1111

ファクス:022-282-1152