現在位置ホーム > 観光情報・イベント > トピックス一覧 > 仙台市交流人口ビジネス表彰 > 小屋館跡庭園活性化事業-秋保ナイトミュージアムを中心とした取り組み-

更新日:2020年11月17日

ここから本文です。

小屋館跡庭園活性化事業-秋保ナイトミュージアムを中心とした取り組み-

天守閣自然公園有限会社 取締役支配人(現 代表取締役) 早坂智博氏

早坂智博氏の写真 天守閣自然公園では、施設の核となる小屋館跡庭園の知名度向上を図るため10年ほど前から活性化事業に取り組んできた。庭園の魅力を伝えるためには、庭園そのものをリニューアルするだけでなく新たな企画をやっていかなければいけない、との思いで考案されたもののひとつがライトアップ事業「秋保ナイトミュージアム」だ。2012年からスタートし、毎年秋に開催されている

 

「秋保は日中遊べるスポットは多いけれども、夜遊べる場所はあまりないというイメージが強い」と言う天守閣自然公園有限会社取締役支配人(現代表取締役)、早坂智博さん。日中しか遊べないというイメージを払拭すると共に、昼間訪れるだけでは気が付けない秋保の自然の魅力、美しさを発見してもらいたいという思いからライトアップ事業に取り組んでいる。秋保ナイトミュージアムに訪れた人には、逆に明るい時間の景色を見に来てほしいとのこと。

 

 

 「昼間にも来てもらえる、リピートしてもらえるようなものを、という意識でライトアップをやってきている」と話す早坂さん。今年の秋保ナイトミュージアムでは地元の子供たちも参加しているイベントも企画されており、「街全体で盛り上げていけるようなイベントにこれからもしていきたい」と秋保という街そのものの魅力をアピールしたいという思いも強い。秋保だけではなく、仙台市を中心としたエリアで夜間のコンテンツをリンクさせ、連携して発信できるよう発展させていきたいとも。

光の絵の写真 もみじの池の写真

 有料庭園の楽しみ方もさらに広めていきたいと語る早坂さん。「日中に楽しむガーデンツーリズムに関しても他の庭園やボタニカルガーデンと連携し、自然の中での過ごし方など提案していければ」と、ナイトタイムエコノミー以外の事業展開も視野に入れている。

ナイトミュージアムの写真

お問い合わせ

文化観光局観光課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4階

電話番号:022-214-3018

ファクス:022-214-8316