現在位置ホーム > くらしの情報 > 自然・動物・農業 > ペット・野生鳥獣 > ペット・保護動物 > お知らせ > 動物管理センター(アニパル仙台)からのおしらせ

更新日:2017年6月20日

ここから本文です。

動物管理センター(アニパル仙台)からのおしらせ

動物管理センターの愛称が決定しました!

最優秀作品(採用作品)

[あにぱるせんだい]

アニパル仙台ロゴ画像

仙台市動物管理センターでは市民の皆様により親しまれる施設を目指し、平成25年9月に愛称を募集しました。
このたび286点の応募の中から選考し、西村裕之さん・美暁さんご夫妻、高橋勝枝さんの「アニパル仙台」が採用されました。
アニパルはアニマル(動物)とパル(仲間・仲良し・友達)を組み合わせた言葉です。この言葉のイメージ通り、「人と動物が共に健康に生きていけるまち」の動物愛護の拠点として、皆様の身近にある施設を目指してまいります。たくさんのご応募を頂きまして、ありがとうございました。
決定した愛称は平成26年4月1日より使用されますので、皆様もぜひ「アニパル仙台」と呼んで下さい!

アニパル仙台では犬や猫の“命の預かり主”をいつでも募集しています

センターには、今現在も新しい家族のお迎えを待っている犬や猫たちがいます。
その中には、年を取っている犬・猫や、交通事故等が原因でうまく歩けないなどの障害をもった猫もいます。この子たちは獣医師会やボランティアの協力で、生きる機会を貰いました。人が大好きなこの子たちに、これからも愛情を受けた生活を送らせてあげたいと考えています。新しい家族になって頂ける方はいらっしゃらないでしょうか?病歴や症状についても詳しくお話し致します。譲渡会以外でも面会や譲渡が可能ですので、どうぞよろしくお願い致します。
また、今すぐ飼うことが難しい方も、添付ファイルにありますポスターを掲示するなどの方法でご協力頂けますと大変ありがたいです。よろしくお願い致します。譲渡啓発ポスターA3版(自由に印刷し、掲示頂けます)(PDF:1,096KB)

アニパル仙台の猫型看板写真

 

「飼い猫」と「飼い主のいない猫」の適正飼育ガイドラインが策定されました

仙台市動物愛護行政の基本指針の「人と動物が共に健康に生きていけるまち」実現のため、飼い猫の適正飼育の普及と、街に住む猫を『地域猫』としてお世話する活動について、ガイドラインが策定されました。これにより、飼い主のいない猫を減らすとともに、街の環境美化と地域のコミュニケーションの活性化を促進します。

仙台市「飼い猫」と「飼い主のいない猫」の適正飼育ガイドライン(PDF:461KB)

「『猫』を悪者にしない為に地域で考えてみませんか?(仙台市「飼い猫」と「飼い主のいない猫」の適正飼育ガイドライン より)(PDF:1,844KB)

 

適正飼養啓発セミナー「人とペットのビミョーな関係」が開催されます。

人と動物の共通感染症があることをご存知ですか。

『狂犬病』のような怖い病気、日頃ちょっと気をつければ問題ない病気、知っていると、より安心。

あなたとペットの健康を守るための最新の知識を身に付けませんか。

詳細は下記のチラシを参照ください。

感染症セミナーチラシ(PDF:447KB)

動物の愛護および管理に関する法律が改正されました

動物の愛護及び管理に関する法律が改正され、平成25年9月1日より施行されました。
主な改正点は以下の通りです。動物取扱業に関する詳細は動物取扱業のページをご覧下さい。

愛護法改正(一般飼い主編)(PDF:1,170KB)

第一種動物取扱業者に対する規制の強化

幼齢な犬猫の販売規制
犬猫等の健康安全計画の提出
販売時の現物確認と対面による説明の義務化
犬猫等に関する帳簿の作成と報告の義務化

第二種動物取扱業の届出

動物の譲渡活動を行うシェルターなどのように、営利性がなくても施設を有して一定数の動物を飼養する場合には第二種動物取扱業として届出が必要となります。

犬猫の引取り拒否

都道府県知事等は、終生飼養の原則に反すると判断された場合、飼い主からの犬猫の引取りを拒否できることが明記されました。

罰則の強化

愛護動物の殺傷、虐待および遺棄などの罰則が強化されました。

詳細は添付ファイル(愛護法改正パンフレット)をご覧下さい。

愛護法改正(一般飼い主編)(PDF:1,170KB)

平成29年度飼い主のいない猫の対策事業について

平成29年度も(公社)仙台市獣医師会による飼い主のいない猫の不妊去勢手術費助成事業が継続されています。仙台市はこの事業に賛同し、経費の一部補助を行っています。
事業の詳細は、下記PDFおよび公益社団法人仙台市獣医師会のホームページ(外部サイトへリンク)をご覧下さい。飼い主のいない猫の不妊去勢手術費助成について(PDF:162KB)
また、飼い主のいない猫に関する啓発資料等は動物愛護のページをご覧下さい。

災害関連情報

仙台市被災動物救護対策連絡会

東日本大震災に際して設置された被災動物災害救護対策本部は、平成28年4月より被災動物救護対策連絡会に移行しました。引き続き災害時の対応や避難訓練などの活動を円滑に実施できるように、必要な情報交換を行ってまいります。

構成組織

公益社団法人仙台市獣医師会
NPO法人エーキューブ
仙台市動物管理センター

事務局

公益社団法人仙台市獣医師会

仙台市宮城野区扇町六丁目3-3 仙台市動物管理センター内
電話:022-387-5225 ファクス:022-387-5257

御礼

多くの方から東日本大震災による支援物資や義援金等のご協力をいただきました。誠にありがとうございます。

犬、猫の健康管理に努めましょう

  • 特に山林等で散歩をする場合、野生の動物が持っている病気に感染する危険性があります(平成28年12月、疥癬に感染していると思われるタヌキの情報提供がありました)。
    犬には必ずリードを装着し、落ちているものを不用意に食べないように管理しましょう。
  • 猫は室内での飼育を徹底しましょう。
  • 飼い主がタバコを吸う場合は、人と同様にペットの受動喫煙にも注意しましょう。
  • おかしいなと思ったら、かかりつけの動物病院に相談しましょう。

花火の音に注意してください!

花火の音に注意!(PDF:187KB)

犬の熱中症に気をつけてください!

犬の熱中症に気をつけて!(PDF:128KB) 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

健康福祉局動物管理センター

仙台市宮城野区扇町6-3-3

電話番号:022-258-1626

ファクス:022-258-1815