現在位置ホーム > くらしの情報 > 住みよい街に > ごみの出し方・減量 > ごみの出し方 > お知らせ > [注意]モバイルバッテリーなどのリチウムイオン電池による火災が発生する恐れがあります!!

更新日:2020年5月22日

ここから本文です。

[注意]モバイルバッテリーなどのリチウムイオン電池による火災が発生する恐れがあります!!

 電子機器の充電に使用するモバイルバッテリーやデジタルカメラ、ノートパソコンなどに使われているリチウムイオン電池などの小型充電式電池は、非常に燃えやすい物質のため、ごみ収集時に圧迫され、発火や破裂を起こします。全国的に清掃工場等での火災が発生しており、施設や車両の損傷だけでなく、人命にかかわる事故につながることもあります。

 こうした事故を防ぐため、モバイルバッテリーや小型充電式電池は、ごみ袋や缶・びん・ペットボトルの回収容器には入れず、回収・リサイクル協力店へお持ちください。

 また、小型家電に内蔵されている場合は、下記を参考に家電から外し、小型家電本体は小型家電回収ボックスに入れてください。(小型充電式電池は希少な金属を含んでおり、リサイクルすることで貴重な資源になります。)

小型充電式電池の処分方法について

  • モバイルバッテリーは、回収・リサイクル協力店へ
  • デジタルカメラ、パソコン等電池が外れるものは、電池は回収・リサイクル協力店、本体は小型家電回収ボックスへ
  • コードレス掃除機、自走式掃除機等電池が外れるものは、電池は回収・リサイクル協力店、本体は粗大ごみへ(1辺が30cm以上のもの)
  • スマートフォンは電池を外さず、携帯電話販売店、または小型家電回収ボックスへ
  • 電子タバコ、電動歯ブラシ等電池が外れないものは、そのまま小型家電回収ボックスへ

詳しくは下記をご覧ください。

1 家電から小型充電式電池を外しましょう

 デジタルカメラやノートパソコン、ゲーム機など、充電式電池が内蔵されている家電を廃棄する際、外せる場合は、電池を外してください。

 小型充電式電池は、下記のマークが目印です。

 ニカド電池のマーク ニッケル水素電池のマーク リチウムイオン電池のマーク

2 電池を正しく廃棄しましょう

 小型充電式電池は、火災防止のため、端子部分にテープを貼るなど絶縁の上、販売店などの回収・リサイクル協力店へお持ちください。

※回収・リサイクル協力店に持ち込めるのは、一般社団法人JBRC(外部サイトへリンク)の会員企業が製造・販売する電池です。(それ以外の電池の処分方法は、お住まいの区の環境事業所、家庭ごみ減量課へご相談願います。)

3 小型家電を正しく廃棄しましょう

  • 小型充電式電池を抜き取ったあとの小型家電は、市が設置する小型家電回収ボックス(15cm×30cmの投入口に入るもの)へ入れてください(1辺が30cm以下のものは家庭ごみ袋に入れて排出することもできます)
    ※小型家電回収ボックスの設置場所は、ワケルネット(外部サイトへリンク)をご覧ください。
  • 小型充電式電池が外れない製品は、電池が付いたまま小型家電回収ボックスに入れてください(1辺が30cmを超える物は回収ボックスではなく粗大ごみ)
  • 小型充電式電池が外れない製品で、小型家電回収ボックスに入らない1辺が30cm以下のものは、お住まいの区の環境事業所又は家庭ごみ減量課へお問い合わせください。

参考

リサイクル協力店(外部サイトへリンク)

リサイクル協力店のお問い合わせ/一般社団法人JBRC(外部サイトへリンク)

 電話:03-6403-5673 

 

各区問い合わせ先
お住まいの区

担当環境事業所

電話番号

ファクス番号

青葉区

青葉環境事業所

277-5300

277-8750

宮城野区

宮城野環境事業所

236-5300

236-6123

若林区

若林環境事業所

289-2051

289-5775

太白区

太白環境事業所

248-5300

248-5361

泉区

泉環境事業所

773-5300

373-1156

お問い合わせ

環境局家庭ごみ減量課

仙台市青葉区二日町6-12二日町第二仮庁舎3階

電話番号:022-214-8227

ファクス:022-214-8277