現在位置ホーム > くらしの情報 > 住みよい街に > ごみの出し方・減量 > ごみの出し方 > ごみの分け方・出し方 > カセットボンベ・スプレー缶の出し方について(お知らせ)

更新日:2019年3月13日

ここから本文です。

カセットボンベ・スプレー缶の出し方について(お知らせ)

 カセットボンベや様々な用途のスプレー缶は、市内に2カ所ある資源化センターで素材ごとに選別し、プレス機で圧縮後、リサイクル業者に引渡し再資源化しています。穴が開いていないスプレー缶等は中身やガスが残っている可能性があり、プレス機にかけることができないため、専用の破砕機で処理を行っています。

 仙台市では、平成31年度(2019年度)に破砕機の増設をすることで、中身を使い切っていただければ、穴を開けずに排出できるよう出し方のルールを変更する準備を進めています。

 変更の時期が決まり次第、あらためてお知らせいたしますが、それまでの間、中身を使い切り、火気のない風通しのよい屋外で穴を開けた上で集積所に出していただく、現在のルールに沿った排出にご協力をお願いいたします。

 スプレー缶等の排出については、中身・ガスを適切に使い切っていただくことが重要なことから、使い切り方と出し切り方についてご案内します。

中身・ガスの使い切り方について

1 中身を確認し使い切りましょう

缶を振った時に「シャカシャカ」「チャプチャプ」等音がする場合や、液体が缶の中を移動する感触がある場合は中身が残っていますので最後まで使い切りましょう。

スプレー缶を振るイラスト

2 【重要】中身・ガスを出し切りましょう

音や感触がなくなっても中身やガスが残っている場合があります。必ず火気のない風通しのよい屋外でガス抜きキャップなどを使って中身やガスを出し切りましょう。

ガス抜きキャップを使ってスプレー缶のガス抜きを行うイラスト

使い切ることができない場合や、ガス抜きキャップの使い方がわからない場合は、製品に記載の「お客様相談室」「販売先」にお問い合わせください。スプレー缶が大量にある場合や、穴を開けるのが難しいなどお困りの場合は、お住まいの区の環境事業所にご相談ください。

内容量が100g以下の製品など

ガス抜きキャップが付いていないので、ボタンを押して中身やガスを出し切ってください。

カセットボンベ

ガス抜きキャップが付いていませんが、ヒートパネル(※)付のカセットコンロをご使用いただくことで最後まで中身を使い切ることができます。

(※)ヒートパネル:カセットボンベを適度に温めることで中のガスを最後まで使い切ることができる装置です。(2007年4月生産分より搭載)

各環境事業所の電話番号

  • 青葉環境事業所  022-277-5300
  • 宮城野環境事業所 022-236-5300
  • 若林環境事業所  022-289-2051
  • 太白環境事業所  022-248-5300
  • 泉環境事業所   022-773-5300

参考

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

環境局廃棄物企画課

仙台市青葉区二日町6-12二日町第二仮庁舎3階

電話番号:022-214-8230

ファクス:022-214-8840