更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

ガイドウォークに参加しよう!

太白山自然観察の森へ行ってガイドウォークに参加しよう!

「仙台市太白山自然観察の森」は全国10ヵ所にある「自然観察の森」のうちの1つとして平成3年にオープンしました。

毎週日曜日には、レンジャーが森を案内する「ガイドウォーク」が開かれます。

「ガイドウォーク」は、太白山自然観察の森を歩きながら、木々や草花、昆虫や小鳥、けものたちなどさまざまな生き物の姿にふれ、それらの名前やヒミツを分かりやすく教えてもらえる楽しい自然観察会です。

画像/子供たちのガイド風景

この森には数えきれない種類の生き物が住んでいます。それぞれの生き物は季節によって姿を変えたり、面白いふるまいを見せてくれたりするのですが、その全部を紹介することはとてもできません。

画像/おとなのガイド風景

そこで、そのほんの一部を月ごとにまとめて紹介することにしました。
森は生きています。毎日毎日、刻一刻と少しずつ変化します。1週間もたてば景色がガラリとかわるなんていうことは、あたりまえの世界です。
このページを見て「面白そう!」と思ったら、ぜひ一度ガイドウォークに来てみてください。きっとまた、森を歩いてみたくなりますから。

お問い合わせ

建設局百年の杜推進課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎6階

電話番号:022-214-8389

ファクス:022-216-0637