現在位置ホーム > くらしの情報 > 健康と福祉 > 高齢の方 > 介護予防 > 取り組み > 介護予防自主グループ支援事業

更新日:2019年7月16日

ここから本文です。

介護予防自主グループ支援事業

仙台市では、平成18年から、高齢者の方が住み慣れた地域で運動などの介護予防活動ができる機会を増やすために、地域の介護予防自主グループを育成・支援する「介護予防・自主グループ支援事業」に取り組んでいます。この事業では、「介護予防運動サポーター養成研修」を受けた介護予防運動サポーターを養成し、地域の高齢者を対象とした介護予防自主グループを立ち上げ、介護予防活動の継続を支援しています。

1 介護予防運動サポーターとは

「介護予防運動サポーター養成研修(虚弱高齢者も含め幅広い状態像の高齢者が参加できる運動の実施方法)」等の講習を受けた方で、地域において介護予防自主グループの企画・運営を行うボランティアです。

2 介護予防自主グループとは

介護予防運動サポーターが企画・運営し、住み慣れた地域において主体的・継続的に介護予防の運動等に取り組んでいる自主グループのことです。

現在、仙台市内では(平成31年3月末現在)230の介護予防自主グループが、地域の集会所・コミュニティーセンター、市民センター等において活動しています。

お住まいの地域の介護予防自主グループの詳細や、介護予防自主グループ活動をご希望の方は、お住まいの区の区役所障害高齢課・総合支所保健福祉課・地域包括支援センターにお問い合わせください。

 

3 仙台市介護予防自主グループ支援事業に関する調査(平成30年度)

事業開始から10年が経過し、グループの活動の現状と、活動を継続していく上での課題を把握し、今後の活動に対する支援の在り方を検討するため、アンケート調査を実施しました。

 仙台市介護予防自主グループ支援事業に関する調査報告書(平成31年3月)

 

介護予防自主グループの活動紹介

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

健康福祉局地域包括ケア推進課

仙台市青葉区上杉1-5-12上杉分庁舎9階

電話番号:022-214-8317

ファクス:022-214-8980