現在位置ホーム > くらしの情報 > 自然・動物・農業 > ペット・野生鳥獣・生物多様性 > 生物多様性 > 生物多様性保全推進事業ーせんだい生きもの交響曲ー

更新日:2020年2月4日

ここから本文です。

生物多様性保全推進事業ーせんだい生きもの交響曲ー

生物多様性保全推進事業ーせんだい生きもの交響曲ー

 「杜の都」の愛称で知られる仙台は、その名が示すとおり、人々が守り育んできた里地里山や、ケヤキ並木、広瀬川の清流などの多彩な自然が現代に引き継がれ、豊かな自然の中に様々な生きものが生息しています。そして、この生きもの達は私たちの暮らしを支え、彩りをそえてくれます。

 生きものや豊かな自然を多くの方に感じてほしい、生きものを身近に感じながら暮らす楽しみを伝えたい、そんな想いから、仙台市では、仙台に関わりの深い生きものと、生きものが奏でる「音」に着目した「生物多様性保全推進事業ーせんだい生きもの交響曲ー」を実施しています。

初夏の音ーカジカガエルが誘う里地里山の魅力発信ー

カジカガエル生息地マップ(生息情報も募集中!)

「作並・新川エコツアー」を開催しました(令和元年10月)

エコツアー「お盆なにする?-秋保の山奥で里帰り体験-」を開催しました(平成30年8月)

夏の音ーカッコウを呼び戻せ!ヨシ原活用大作戦ー

今年度もヨシ原をめぐる生きもの達とあなたの物語を開催します(参加者募集中!)

ヨシ原をめぐる生きもの達の冬物語を開催しました(令和元年11月)

ヨシ原をめぐる生きもの達の夏物語を開催しました(令和元年6月)

ヨシ燃料を配布しています!

秋の音ー将軍も愛でた伊達の虫の声ー

「虫の声を楽しむ会」を開催しました(令和元年8月)

「虫の声を楽しむ会」を開催しました(平成30年8月)

その他の取り組み

「TALK Bio-diversity-食べたり食べられたり-」を開催します(令和2年2月)

この音、知ってる?-生きものの音をつかまえよう-を開催しました(令和元年6月)

「音ーク-音を録る者と音を奏でる者に聴く-」を開催しました(令和元年5月)

「TALK Sounds of Diversity-生きものと音楽を創る-」を開催しました(平成30年10月)

 なお、本市の環境Webサイト「たまきさん」の生物多様性保全推進事業ホームページでは、以上の取り組みを発信するほか、専門家の協力のもと、市内各地で録音したカジカガエルなどの美しい鳴き声を高音質(ハイレゾ)音源で配信しています。

関連リンク

生物多様性保全推進事業ホームページ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

環境局環境共生課

仙台市青葉区二日町6-12二日町第二仮庁舎5階

電話番号:022-214-0013

ファクス:022-214-0580