更新日:2017年7月14日

ここから本文です。

仙台市自然環境基礎調査

仙台市自然環境基礎調査とは

仙台市では、自然環境の現況を把握し、環境保全に役立てるために平成6年より数年おきに自然環境基礎調査を実施しています。
調査では、市域全体の植物の状況を地図にまとめた「仙台市植生図」の作成や、仙台市内における保全上重要な動植物種の状況等について整理しています。
平成27・28年度には第4回調査として、「平成27年度仙台市植生図」の作成のほか、仙台市内における里地里山の分布状況等の調査や動植物の生育・生息状況に関する調査を実施しました。調査結果の詳細は、ページ下の添付ファイルにある各報告書からご覧になれます。

また、植生図については本市ホームページ「せんだいくらしのマップ」(ページ下のリンクを参照ください)で公開しています。

仙台市の自然環境について

これまでに実施した調査の結果、仙台市における動植物や里地里山の状況は以下のようになっています。

動物の状況

山地から丘陵地に広がる森林域にはツキノワグマや、特別天然記念物であるニホンカモシカをはじめ、ヤマネなどの哺乳類のほか、鳥類、爬虫類など数多くの動物が生息しています。近年、二次林の放置などが一因と考えられるツキノワグマ、ニホンカモシカの低地丘陵への分布拡大が確認されています。
市街地や田園地域では、人の生活空間の拡大や農地の区画整備などにより動物の生息環境が減少していますが、市街地に残された公園、田園地域に見られる居久根などの緑地や河川沿いなどでキツネ、イタチ、カワセミなどは生息しています。
沿岸部では、七北田川河口の蒲生干潟や、名取川河口付近の井土浦、東谷地の湿地がシギ・チドリ類の主要な渡来地になっています。また、仙台湾海浜ではヤマトマダラバッタ、オオウスバカゲロウなどの海浜性昆虫類も生息しています。これらの地域は平成23年に発生した震災により、大きな影響を受けましたが、その後、生態系の回復もみられています。

仙台市に生息する動物の例

ニホンカモシカの写真

ニホンカモシカ

イタチの写真

イタチ

オオタカの写真

オオタカ

植物の状況

本市で最も標高の高い船形山(標高1500m)の山頂付近ではキンロバイ、ウスユキソウ、コケモモなどの高山から亜高山帯の植物が、沿岸部ではアカガシ、シロダモなどの暖地系の植物が生育しているなど、植物の種類は多様です。特に、仙台市の丘陵地帯は暖温帯と冷温帯の間に位置する中間温帯と呼ばれる領域でモミ-イヌブナ林の発達がみられ、しかもその領域が広い面積を占めることが特徴です。この領域では暖地系の植物、寒地系の植物の両方が見られるなど、非常に多くの種類の植物が生育しています。
また、仙台市は太平洋側に位置していますが、チシマザサやタニウツギなど、多雪の日本海側の地域に特徴的に見られる植物を含んでいることも本市に多様な植物が生育している一因となっています。
平成23年に発生した震災に伴う津波や復旧・復興工事により、海浜地域のクロマツ林の大部分が消失するなど、干潟や砂浜、東部田園地域の植生は大きな影響を受けましたが、新たに成立した湿地では、ヨシやヒメガマなどの自然性の高い湿性植物群落もみられます。現在も環境変化の著しい地域であり、その環境変化に注視していく必要があります。

仙台市に生育する植物の例

キンロバイの写真

キンロバイ

タニウツギの写真

タニウツギ

ヨシの写真です

ヨシ

里地里山の状況

里地里山は、原生的な自然と都市との中間に位置し、集落とそれを取り巻く二次林、それらと混在する農地、ため池、草原等で構成され、農林業等に伴う様々な人間の働きかけを通じて形成・維持されてきた環境です(関連リンクの環境省ホームページ参照)。
こうした環境には多様な生きものが生育・生息し、生物多様性の保全上重要な環境ですが、近年様々な理由により、里地里山の環境が荒廃し、生物多様性が低下するという問題が全国的にみられています。

平成27年度調査結果によれば、仙台市域のうち約6割が里地里山の環境に該当することが分かりました。しかしながら、その状態は、西部丘陵地・田園地域を中心として、耕作地や山林の手入れ等が行き届かず、放棄されている里地里山が多く、そのような地域では、野生鳥獣による農作物被害やクマ出没件数などの問題が多いこと、また、生物の多様性が低いことが分かりました。
今後は、里地里山に関する普及啓発等を通じて、こうした里地里山の利活用が促進されることで、市内の生物多様性が保全されることが期待されます。

詳しくは、「平成27年度仙台市自然環境に関する基礎調査業務委託報告書」をご覧ください。
また、平成27年度は、里地里山に関する市民アンケート調査も合わせて実施しています。アンケート調査結果については関連リンクの「自然環境に関する市民意識調査」をご覧ください。

仙台市の里地里山

泉区朴沢付近

泉区朴沢付近

ノアザミ

ノアザミ

エゾリンドウ

エゾリンドウ

添付ファイル

仙台市自然環境基礎調査に関する報告書については、下記の添付ファイルでご覧になれます。※一部報告書は容量が大きいため、2つのファイルに分割しています。

関連リンク

オープンデータ

クリエイティブ・コモンズ表示2.1日本ライセンス 平成27年度仙台市現存植生図(LZH:64KB)

平成27年度仙台市自然環境に関する基礎調査において作成した平成27年度仙台市現存植生図のGISデータです。世界測地系・平面直角座標系第10系(JGD2000)で作成しています。植生図は,「せんだいくらしのマップ」...

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

環境局環境共生課

仙台市青葉区二日町6-12二日町第二仮庁舎5階

電話番号:022-214-0013

ファクス:022-214-0580