更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

仙台市の河川事業

仙台市の河川事業

国、県、市が、所管する河川を、連携を図りながら整備を進めています。

仙台市では、市内域の宮城県が管理する河川の一部を都市基盤河川改修事業により、仙台市が管理する準用河川を準用河川改修事業(総合流域防災事業)により整備を進めています。

また、市街化区域以外における普通河川の維持管理を行っています。

仙台市の事業河川は、洪水時の流下能力の向上を図るため、都市基盤河川改修にあっては30年に一度の大雨(30年確率降雨)、準用河川改修(総合流域防災事業)にあっては10年に一度の大雨(10年確率降雨)を想定して改修事業を進めています。

名取川下流部左岸堤防の築堤の促進、東部地区(名取川と貞山運河の合流点付近)の浸水対策、名取川既設堤防の質的強化の推進など、河川管理者である国・県に働きかけを行っています。

「多自然川づくり」について

河川が本来もっている植生物の良好な育成環境に配慮し、美しい自然環境を保全・創出しながら、新たに河川の改修事業を行うことです。

水辺空間は、都市の貴重なオープンスペースです。河川事業も生活と調和する豊かな自然の保護と創造に配慮して実施しております。

仙台市の管理河川の整備状況の概要(平成26年度末)

事業主体 級別 水系 主な河川 河川延長(Km) 整備計画延長(Km) 整備済延長(Km) 未整備延長(Km) 整備率(%) 備考
仙台市

一級河川

名取川

綱木川

2.7

1.0

1.0

0

100

 

二級河川

七北田川

梅田川

上流区間

1.7

1.1

1.1

0

100

 

一級河川

名取川

笊川

ほか1河川

2.8

2.8

2.0

0.8

71.4

都市基盤

河川事業

二級河川

七北田川

高野川

3.8

3.8

2.1

1.7

55.2

都市基盤

河川事業

準用河川

前ヶ沢川

ほか14河川

38.8

6.8

4.4

2.4

64.7

総合流域

防災事業

都市基盤河川改修

人口集中の著しい大都市等の中小河川の整備を行う事業。指定区間内の1級・2級河川で、河川管理者と協議し、地域に密着した市が施行主体となり河川整備を行うものです。

現在、仙台市では3河川で事業を実施しています。

準用河川改修

地域に密着した準用河川において、洪水の氾濫を防止するとともに、地域の生活基盤を確保するため、河川整備を行うものです。

準用河川15河川のうち、6河川で改修を行い、現在は、2河川で事業を実施しています。

河川の管理

仙台市が管理する河川の土地の管理及び機能を維持するため、改修事業区間内の除草および土砂しゅんせつ等を行っています。

お問い合わせ

建設局河川課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎6階

電話番号:022-214-8836

ファクス:022-268-4312