現在位置ホーム > くらしの情報 > 健康と福祉 > 障害のある方 > 差別解消の取組み > 障害を理由とする差別の解消を推進するための条例策定の取り組み > 「障害を理由とする差別の解消を推進するための条例のあり方」について仙台市障害者施策推進協議会から答申書が提出されました

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

「障害を理由とする差別の解消を推進するための条例のあり方」について仙台市障害者施策推進協議会から答申書が提出されました

「障害を理由とする差別の解消を推進するための条例」を制定するにあたり、平成26年6月に市長から仙台市障害者施策推進協議会に対して、条例のあり方について諮問していました。
協議会において答申がまとまったことから、12月28日(月曜日)、市役所本庁舎3階特別応接室にて、協議会の会長および副会長から市長に対して答申書が提出されました。

 

障害を理由とする差別の解消を推進するための条例のあり方について(答申)

答申の内容については以下よりご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

健康福祉局障害企画課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎6階

電話番号:022-214-8163

ファクス:022-223-3573